谷根千散策の際に美味しいベルギーチョコレートを食べよう!カフェも併設されているレオニダス谷中上野桜木店


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

谷中、根津、千駄木のいわゆる谷根千地域をよく歩いているとくとみ(@tokutomi)です。
今回はそんな谷根千散策の際に美味しいベルギーチョコレートが食べられるお店を紹介しようと思います。

レオニダス 谷中上野桜木店

こちらのお店はレオニダス谷中上野桜木店です。
住所は台東区上野桜木ではありますが、谷中のお隣の上野桜木も谷根千と拡大解釈していいでしょうね。
お店は言問通り沿いにあります。

レオニダス 谷中上野桜木店

Sponsored Link

旧吉田屋酒店の木造建築の展示場所のすぐ隣なのでわかりやすいと思いますよ。
歩道に面したオープンスペースに椅子とテーブルもあり、メニューも置かれています。

レオニダス 谷中上野桜木店

手書きのオススメ看板も出ていますので、まずは立ち止まってこれらをじっくり見てもらえればと思います。

レオニダス 谷中上野桜木店
それではお店の中に入ってみましょう。
入り口を入った正面にチョコレートがたくさん入っているショーケースがあります。
どれもかわいい見た目のもので、どれを食べてみるか迷ってしまうくらいです。
レオニダス谷中上野桜木店にはカフェコーナーもあります。
今回はそのカフェコーナーを利用してみることにします。

レオニダス 谷中上野桜木店

テーブルは3つと数は少ないです。
僕が訪れた時はたまたまお客さんがいなかったのですが、その後しばらくして満席になってしまいました。

メニューを見てみましょう。
今回はこちらの2個チョコセットを注文してみました。

レオニダス 谷中上野桜木店

ドリンクは好きなものを注文することができます(一部追加料金がかかるものもあり)。

レオニダス 谷中上野桜木店

僕はコーヒーをお願いしました。

注文を待っている間に店名となっている「レオニダス」について見ていきましょう。

レオニダス 谷中上野桜木店

レオニダスはギリシア生まれの菓子職人で、1913年にベルギーで創業したそうです。
現在は世界各地に約2000のお店を構えるようになっており、ベルギーチョコレートの老舗と言ってもいいでしょうね。
そんな伝統のあるレオニダスのチョコレートを食べられるお店が実は身近にあっただなんて今まで気が付かなかったのがすごくもったいないです。

しばらくしてセットが出てきました。

レオニダス 谷中上野桜木店

まずはチョコレートを見てみましょう。

レオニダス 谷中上野桜木店

今回注文したのはトリュフ・ナチュール(茶色い方)とマノンカフェ(白い方)です。
トリュフ・ナチュールはものすごく濃厚で、これこそチョコレートの王道を行くものだと感じました。
ビターとミルクのガナッシュクリームでできているそうですよ。
マノンカフェはほわんとした柔らかさのある味わいと食感がありました。
どっちが好きかと聞かれるととても困りますが、若干ではあるけれどもトリュフ・ナチュールの方が好きかな。

次はコーヒーです。

レオニダス 谷中上野桜木店

コーヒーを日暮里のカメヤマ珈琲にチョコとの相性を考慮した上でレオニダス谷中上野桜木店が特別に注文したものだそうです。
こういうこだわりがあるコーヒーは飲んでいて何だか嬉しくなりますね。
しかも、カップはレオニダスオリジナルのもので、ちゃんとロゴマークも入っています。

お店で食べたチョコレートが美味しかったので、自宅向けに4個入りのボックスを購入していきました。
パッケージもかわいいですね。

レオニダス 谷中上野桜木店

中身がこちらです。

レオニダス 谷中上野桜木店

お店で食べたものとは異なるチョイスをしてみましたが、どれも美味しかったですよ。
ベルギーチョコレートってこれまであんまり食べる機会がなかったけど、これからはまっちゃいそうです。

ちなみに、このレオニダス谷中上野桜木店の店長さんは僕の中学校の同級生です。
お店を訪問した際は「とくとみのブログを見た」と店長さんに告げると喜ぶと思いますよ。

ベルギーチョコレートのレオニダスについての詳細はこちらからどうぞ。
レオニダス | ベルギーで最も親しまれている伝統のチョコレート

レオニダス 谷中上野桜木店についてはこちらから。
レオニダス 谷中上野桜木店

台東区上野桜木2-10-5 Quinto1F
03-5685-2362
11:00-19:00(金曜日は20:00まで)
定休日 月曜日(祝日の際は営業)

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム