名曲喫茶らんぶる

スポンサーリンク

高田馬場にはよく行くのですが、駅の近くに気になるお店があります。

僕がそのお店の存在を知った時からずっとドアが閉ざされたままで営業している形跡はありませんでした。

そのお店とは、ここ。

20071003-01.JPG

煉瓦と石の柱が素敵な名曲喫茶らんぶる。

ご覧の通りすでに廃墟と化しています。

建物の上にある看板部分に注目してみます。

20071003-02.JPG

「らんぶる」の「ん」と「る」が既に崩落してしまっているのです。

防護カバーはしていないので、落ちた文字はそのまま歩道へと落っこちてきたのかもしれません。

予防策を講じないで大丈夫なのかな。

かなり心配。

ドア部分に注目してみましょう。

20071003-03.JPG

カーテンが閉まっていて中は見えません。

レンガもかなり崩れてしまっています。

ちなみにドアの前にある看板は閉店のお知らせではなく、どこかのアパートの空き室情報でした。

次に2階の窓。

20071003-04.JPG

上部の円を描いている部分がかなり好きです。

昔のモダンな建築物にはこういう曲線が入っているのがポイントです。

次に1階の窓。

20071003-06.JPG

外の植え込みにはあじさいがあったのですが、その枯れ具合と建物の雰囲気がマッチしていました。

窓にはチラシが貼ってあり、中は見えないようになっています。

20071003-05.JPG

窓の横にはおそらくランプがかかっていたと思われる残骸が。

かなり腐食しています。

20071003-09.JPG

建物の横はトタンで覆われています。

おそらく昔はここも煉瓦できれいになっていたのでしょうが、崩落してしまったのでしょう。

落書きいくない!

あちこち痛んでいるこの建物はいったいいつ建てられたんだろうと思って、何かヒントとなるものを探してみました。

すると横壁で電気メーターが。

20071003-07.JPG
(写真をクリックで拡大)

東京電力ではなく、関東配電株式会社となっています。

年代表記は目視では昭和20年と見えました。

仮にそれが正しいとしたら今年で62年目ということですよ。

念のため関東配電株式会社を調べてみると、1951年まで存在していた会社で、その年から東京電力に業務が引き継がれていったようです。

1951年と言えば昭和26年です。

ということは薄っすらと確認できた昭和20年の文字は正しかったということになりそうです。

こういう昭和の歴史を語り継いでいる建築物は朽ち果てるにまかせないで、なんとか文化施設などで再利用できないものかな。

もちろん修繕維持費用で莫大な金額がかかるんだろうけど。

このままなくなってしまうのは非常に惜しい物件です。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録