近所の散歩も旅である! 原康「小さな旅の写真ノート」

スポンサーリンク

原康さんの写真&エッセイ集「小さな旅の写真ノート」を読みました。

原さんにとって旅とは遠く離れた土地に行き自然と向き合うことでもあり、近所の散歩も旅であるということです。

特に後者の近所の散歩がまさに「小さな旅」であり、ちょっと視点を変えるだけでも新たな発見があるものだと言っていました。

確かにその通りで、いつもの駅までの道のりだとしても真っ直ぐ前を見て歩くだけでなく、横のブロック塀を見てみたり、駐車している車の下の覗き込んだり、街路樹を眺めたりしてみると今まで気がつかなかったような世界が広がるものです。

また、大通りではなく路地に入ってみるととにかく新しい刺激ばかりなので歩くスピードが自然に遅くなってしまうことに気がつくと思います。

そんな小さな旅を柔らかな文章のエッセイと、温もりを感じさせる写真で表現しているのが本書です。

千葉県の小湊鉄道のような東京からほんのちょっと離れた場所にも出かけていますが、東京都内の写真が個人的には好みでした。

都会の喧騒ではない、人がそこで生活している温度を感じさせてくれるのです。

いい意味での泥臭さとでも言うのでしょうか。

そこに原さんの写真の特徴が出ていると思いました。

昭和の風景を探して歩く僕の東京散歩にも参考になるところがあり、楽しく読むことのできた1冊でした。

小さな旅の写真ノート (えい文庫 164)
原康
4777909891

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録