梅雨の季節に花火が上がる スミダノハナビを撮影

スポンサーリンク

スミダノハナビと聞いて思い浮かべるのはやはり毎年7月終わりに開催される浅草や両国の隅田川の花火ですよね。
でも実はスミダノハナビというのはあじさいの一種なのだそうです。

スミダノハナビ

周辺の花びらだけが開くガクアジサイを品種改良したもので、青が花火の中心で、白い花びらがそこから外へと飛び出しているというまるで花火のような姿をしていることから名付けられたそうです。
本格的な夏が到来する前のじめじめした梅雨に花火見物ができた気にさせてくれるあじさいでした。

写真はNikon D40xNikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8Dで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録