【Tokyo Train Story】東武大師線の地上線跡

スポンサーリンク

久々に大師線を見てみようと西新井を訪れてみたら、大師線が高架化されていました。
僕が中学生、高校生の頃に乗ったときには地上を走っていたはずだったのにと残念に思いましたが、もしかしたたどこかに痕跡が残っていないかと探してみました。
すると、、、

ありました。
線路はないものの、木製の柵と有刺鉄線が残っていました。
右側のアスファルトの部分にかつて線路があったのだと思われます。
右上の白いコンクリートが現在の高架線です。
都会の中にもまだまだこのような「廃」な景気が見られるのですね。

ちなみに、大師線が高架化されたのは平成3年(1991年)のことです。

東武大師線
西新井ー大師前

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録