今はもう見ることができない鉄道風景がそこにある – 岩屋光俊さんの写真展「夕宵鉄路」を見に行ってきた

スポンサーリンク

こんな素敵なDMが我が家に届きました。

Rocさんこと岩屋光俊さんの写真展「夕宵鉄路」の案内です。
Rocさんとは以前街撮りブロガー忘年会でご一緒したことがありまして、その縁で今回写真展のお知らせをいただきました。

写真展の会場は新宿にあるギャラリー蒼穹舎です。
このビルの右側の扉から入ります。

入ってすぐのところに案内が出ていました。

この階段を3階まで上るとそこがギャラリー蒼穹舎です。
ギャラリー内にはモノクロの写真がずらりと並んでいます。

全て鉄道がテーマとなっていますが、現在の鉄道の姿はそこにはありません。
全て今はもう見ることのできなくなった風景をRocさん独自の視点から切り取ったものでした。
大阪が中心で僕が見たことのない景色ばかりなのですが、どれもどこかできっと見たことのある懐かしさあふれる写真がそこにはありました。
20年前、30年前の写真に写っている景色は今はもう見ることのできないものなので、貴重な作品であり記録でもあると感じました。
しかもどれも暖かさを感じるのですよ。
クールやかっこいいとは違うこの温もりがある写真は見ているだけでも暖かな気持ちにさせてくれます。

最近Rocさんが作り出す雰囲気のような写真を見ていなかったのでとても刺激を受けました。
会場内では鉄道やカメラについてのお話をRocさんから伺えたのも僕のとって大いにプラスになりました。

この写真展は2月17日(日)まで開催されています。
お時間がある方はぜひRocさんの写真を見に行ってみてください。

岩屋光俊写真展 夕宵鉄路(ゆうしょうてつろ)
2013年2月4日(月)~17日(日)13:00-19:00
ギャラリー蒼穹舎
160-0022
東京都新宿区新宿1-3-5 新進ビル3F
03-3358-3974


大きな地図で見る

Rocさんこと岩屋光俊さんのブログはこちらからどうぞ。
Roc写真箱

会場内の写真はRocさんの許可を得て撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録