iPhone5sにolloclipの魚眼、ワイド、10倍マクロ、15倍マクロの4つの外付けレンズを付けて梅を撮影してみた!

スポンサーリンク

東京都内では暖かくなったり、寒くなったり、雪がぱらついたりとい天気が続いています。
もう春がそこまで来ているはずなのになあ。
というわけで、今日は春の景色をiPhone5sで撮影しようと思います。
公園を歩いていたら梅がきれいに咲いていました。

iPhone5sで撮影 olloclipで梅を撮る 2014年3月7日

これは普通に撮影したものですが、同じ場所でolloclipの4つのレンズをiPhoneに装着して撮影してみます。
olloclipとは魚眼レンズ、ワイドレンズ、10倍マクロ、15倍マクロの4種類のレンズがセットになったもので、簡単にiPhoneに取り付けて普段とは全く異なる世界を撮影できるガジェットです。
購入時のレポートはこちらです。
iPhone5sのカメラ機能をパワーアップさせるためにQlixから発売されている外付けレンズのolloclip 4-IN-1 PHOTO LENSを購入してみた!(とくとみぶろぐ)

今回は4種類のレンズでどんな風に撮れるのかを紹介しようと思います。
まずはワイドレンズから。

iPhone5sで撮影 olloclipで梅を撮る 2014年3月7日

通常よりも広い範囲を撮影することができる広角レンズです。
周囲の状況もちゃんと入れたい時や、奥行き感を強調したい時に便利でしょう。
僕はiPhone5sで動画撮影する時にはこのワイドレンズを使うようにしています。

次に魚眼レンズです。

iPhone5sで撮影 olloclipで梅を撮る 2014年3月7日

左から右、足元から頭の上までほぼ180度を写しとることが可能になります。
これも面白い世界が撮影できますね。

次は10倍マクロです。

iPhone5sで撮影 olloclipで梅を撮る 2014年3月7日

最短撮影距離が1.8cmなので被写体にぐいっと寄って撮影することができます。
梅の花におもいっきり寄って撮ってみました。

最後に15倍マクロです。

iPhone5sで撮影 olloclipで梅を撮る 2014年3月7日

こちらの最短撮影距離は1.2cm。
10倍マクロよりもさらに近づいて被写体を大きく写しとることが可能です。
肉眼では見えない世界がこうやって見えてきちゃうのが面白いですよ。

このolloclipのレンズをiPhone5sに取り付けるとこんな感じになります。

olloclip for iphone5s

レンズユニットはとても小さいのでカバンの中で邪魔になりません。
普段とはちょっと変わった撮影をしたいという時にひょいとカバンから取り出して、iPhoneに装着して撮影するときっと楽しいと思いますよ。

というわけで、今日はiPhone5sとolloclipの4つのレンズを使っての春景色の撮影についてでした。
olloclipについてはこちらを参照してください。

olloclip i4-in-1for iPhone5/5S Silver OCEU-IPH5-FW2M-SW
by カエレバ

 

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録