生花や鶴で飾られた和の空気をまとう川治温泉の柏屋の館内探検『秋の栃木へ 2015』 その7

スポンサーリンク

10月31日。
栃木県の龍王峡で紅葉狩りをした後は、宿泊した川治温泉の湯けむりの里 柏屋へと向かいました。

川治温泉・湯西川温泉 2015年11月1日

川治温泉もちょうど紅葉が見頃の時期で、宿の敷地内はみごとに紅く染まっていました。
まずは宿泊した部屋を見てみましょう。
8畳の広々とした和室です。

龍王峡・川治温泉 2015年10月31日

Sponsored Link

床の間にはきれいな絵と生花が飾られています。

龍王峡・川治温泉 2015年10月31日

先程は8畳と言いましたけど、横にこのような2畳のスペースもありました。

龍王峡・川治温泉 2015年10月31日

スーツケースなどの荷物を置くのにちょうどいい広さでしたよ。
小さなテーブルもカメラやレンズの置き場として活躍してくれました。
この部屋の一番のセールスポイントは、窓からの眺めです。
まずはパノラマ写真から見てください。

川治温泉・湯西川温泉 2015年11月1日

窓の外は紅葉の山々が見えます。
向こうにある橋は野岩鉄道のものです。
そう、トレインビューの部屋なのですよ。
どんな風に野岩鉄道が見えるかというのは、次回詳しくお話します。
今回は景色だけお楽しみください。
眼下には川と薬師の湯という温泉施設も見えます。

龍王峡・川治温泉 2015年10月31日

この眺めだけでも十分幸せな気分になれるものです。

館内を歩いてみましょうかね。
ロビーはとても広々としています。

龍王峡・川治温泉 2015年10月31日

チェックインの手続きはフロントのカウンターではなく、こちらで椅子に座って行いました。
お茶とお菓子も出してくれますよ。

龍王峡・川治温泉 2015年10月31日

ロビーの横には茶室もありますので、何かのイベントの時にはここでお茶をいただくなんてこともできるのでしょうかね。

龍王峡・川治温泉 2015年10月31日

ロビーの奥には図書コーナーもあります。
栃木県に関する本が多かったですよ。

龍王峡・川治温泉 2015年10月31日

そうそう、こんなに大きな生花も飾られていました。

龍王峡・川治温泉 2015年10月31日

館内のいたるところに花や鶴が飾られているので、ただ歩くだけでも目を楽しませてくれます。

龍王峡・川治温泉 2015年10月31日

ホテルの建物は月見亭と花見亭の2つがあるので、結構探検のしがいがありましたよ。

川治温泉・湯西川温泉 2015年11月1日

次回はトレインビューの部屋からどんな風に野岩鉄道が走る様子が見えるのかレポートします。
続く。

今回宿泊した柏屋についての詳細はこちらから。
川治温泉 湯けむりの里 柏屋

秋の栃木へ 2015
鬼怒川方面へのお得なきっぷ「まるごと鬼怒川 東武フリーパス」を使って、浅草駅から龍王峡駅へ『秋の栃木へ 2015』 その1
龍王峡駅前にあるめし処龍王で食べた新そばが最高に美味しかった『秋の栃木へ 2015』 その2
龍王峡の虹見の滝とエメラルドグリーンの鬼怒川の川面の美しさ『秋の栃木へ 2015』 その3
龍王峡に架かる虹見の橋から美しく水が落ちる虹見の滝を眺めてみる『秋の栃木へ 2015』 その4
龍王峡のむささび橋から望むみごとな渓谷の紅葉『秋の栃木へ 2015』 その5
龍王峡のむささび茶屋で紅葉を眺めながら名物の味噌おでんを食べてみた!『秋の栃木へ 2015』 その6
生花や鶴で飾られた和の空気をまとう川治温泉の柏屋の館内探検『秋の栃木へ 2015』 その7←今ここ
川治温泉の柏屋にはトレインビューの部屋があるので、野岩鉄道が走行する様子がよく見える!『秋の栃木へ 2015』 その8
川治温泉の柏屋の露天風呂付貸切風呂(50分3150円)もトレインビュー!『秋の栃木へ 2015』 その9
栃木の地のものにこだわった川治温泉の柏屋での夕食 『秋の栃木へ 2015』 その10
川治温泉早朝散歩 男鹿川沿いの遊歩道をのんびりと歩いてみる 『秋の栃木へ 2015』 その11
湯豆腐とオムレツが最高に美味しい川治温泉柏屋の朝食 『秋の栃木へ 2015』 その12
紅葉真っ盛りの湯西川温泉を散策してみる 『秋の栃木へ 2015』 その13
湯西川温泉の平家そば志おやで食べたお蕎麦はこれまで食べた中で一番の美味だった! 『秋の栃木へ 2015』 その14
湯西川温泉の平家の庄の日帰り温泉は1500円で6つの貸切露天風呂を楽しむことができます!写真付きで全部紹介しますよ 『秋の栃木へ 2015』 その15(最終回)

写真はNikon D610+Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDSIGMA 単焦点マクロレンズ MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM及びSONY Cyber-shot RX100で撮影し、SILKYPIX Developer Studio Pro6でRAW現像しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録