意外な程お安く宿泊できる温泉宿、伊東温泉の大東館の部屋を紹介 『冬の青春18きっぷの旅 伊東温泉編』 その5 #αアンバサダーモニター

スポンサーリンク

この記事はαアンバサダープログラムのモニター企画でα6000(ILCE-6000L)を借りて撮影した写真で構成されています。

冬の青春18きっぷを使って静岡県の伊東温泉にやってきました。
今回は宿泊した大東館の部屋を紹介します。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月9日

温泉旅館というといいお値段がするというイメージがありますが、伊東温泉の大東館は無茶苦茶リーズナブルです。
夕食は付いていないのですが、基本料金は1泊朝食付きで平日は6500円、休前日は8000円という安さです(宿泊プランによって変動はあります)。
安さの秘密は客室サービスと夕食の廃止です。
チェックインして部屋に入ったら、既に布団は敷かれているし、朝もふとんはそのままでチェックアウトします。
夕食は外で食べましょうということなので、むしろ自分で好きなものを食べに行けるという利点にもなります。
温泉旅館では色々なサービスがあって逆に煩わしいと感じるならば、この大東館はぴったりかもしれませんよ。

それでは宿の様子を写真付きで見ていくことにしましょう。
こちらが入り口です。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月9日

Sponsored Link

「お風呂ずきの宿」と看板に出ているくらいなので、きっとお風呂には自信があるのでしょうね。
後ほど入りに行きます。
館内の案内を見てみます。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月9日

建物は6階建てで、3階より上が客室です。
今回は4階の部屋に宿泊しました。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月9日

部屋の名前は地名からきているのかとも思いましたが、そうでもないものもありますね。
入り口のドアを開けると、さっそく布団が敷かれています。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月9日

部屋は10畳なのですごく広いです。
しかし、最初から布団があるので感覚としては広さはあまり感じないかもしれませんね。

テーブルの上には茶器があります。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月9日

ただし、温泉まんじゅうなどはありません。
ここらへんもコストカットの一貫ですね。
でも、浴衣とアメニティはちゃんとあるのでご安心ください。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月9日

窓際には椅子とテーブルもしっかりあります。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月9日

冷蔵庫は使うならコンセントを入れてご自由にどうぞというスタンスです。
ドアが空いているのはコンセントが入っていないからです。

窓の外の景色は絶景というほどのものは決してありません。
遠くに小さく海は見えますけどね。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月9日

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月9日

夕暮れ時になるとこんな空になりました。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月9日

昼間は雲が多かったけど、夕方になってだいぶばらけました。
こちらは東から南にかけての空なのでそこまで夕焼けは期待できませんが、この日はいい感じの空になりました。
翌日の朝はこんな空でした。

冬の青春18きっぷの旅 伊東編 2016年1月10日

今回の旅ではこの部屋を拠点として伊東の温泉と街を楽しむことにします。
次回は大東館に3つある貸切風呂についてのお話です。
続く。

大東館についての詳細はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録