上海に行くならばこの絶景スポットは外せない!外灘と浦東の夜景は絶対に見るべし! #ili #iliモニター #PR

スポンサーリンク

グローバルWiFiでレンタルすることができるウェアラブル音声翻訳デバイスのiliと一緒に中国の上海を旅してきました。
今回は上海に行くならば外すことはできない観光スポットを紹介します。
外灘、浦東の夜景です。

上海 2017年6月10日

-ili(イリー)を持って旅に出よう!- ili TRAVELER

南京東路

上海の夜景は想像以上にすごかったです。
まずは外灘へと通じる南京東路という通りを歩きました。

上海 2017年6月10日

Sponsored Link

もうこの時点であまりの美しさに圧倒されましたね。
歴史的建造物が立ち並ぶこの通りは、昼間もいいけど夜にも歩くべきですよ。

外灘遊歩道

いよいよ外灘に到着です。
黄浦河の西岸に洋風の建造物がずらりと並んでいます。

上海 2017年6月10日

よくぞこれだけの建物が残っているものだと感心しちゃいますよ。
ぽつりぽつりとこのような建物があるのではなく、徒歩10分圏内にずっと続いているのです。

上海 2017年6月10日

銀行やホテルが多いようですね。

上海 2017年6月10日

昼間に外灘を歩いてこの歴史的建造物を眺めるのはもちろんのこと、ライトアップされた夜にも絶対に見ておくべきです。

外灘から浦東を望む

そんな外灘遊歩道にはとにかくたくさんの人がいました。

上海 2017年6月10日

この日は土曜日ということもあっていつも以上の人出だったことと思います。

上海 2017年6月10日

しかしみんな外灘の歴史的建造物群に背を向けているのですよね。
反対側を眺めています。

上海 2017年6月10日

いったい何を見ているのかといいますと、川の東岸の浦東エリアです。
こちらは外灘とは異なり新しい高層の建物が並んでいます。
この夜景がまた素晴らしいのですよ。

上海 2017年6月10日

こちらが上海のシンボルと言ってもいい、テレビ塔の東方明珠塔です。

上海 2017年6月10日

こちらのビルは側面に文字が出ていますね。

上海 2017年6月10日

一番高いビルの上の方には花火の映像が出ているのがわかりますかね。

上海 2017年6月10日

まさに光に溢れた空間になっていました。

黄浦河の船から夜景を見てもよし

外灘の遊歩道から夜景を見るのもいいけど、実は黄浦河には遊覧船が運行されています。

上海 2017年6月10日

ひっきりなしに船が行き来していたので、おそらくそんなに待たずに乗れるのだと思います。
僕は外灘側からこの船を見ていただけですが、たくさんの人々が乗船していました。

上海 2017年6月10日

余裕があったらぜひ乗ってみてください。

上海 2017年6月10日

まとめ

上海に行くならばこの外灘、浦東の夜景は絶対に見るべしです!
光も文字や花火が変化するので見ていて全く飽きません。
これこそ上海の新旧の夜景を一度に見ることができる「THE 上海」と言った眺めなのだと思いますよ。

この旅はiliを開発した株式会社ログバーより渡航費、宿泊費、グローバルWi-Fi(iliのオプション付き)のレンタル費用を提供していただきました。現地でのアクティビティ費については自腹です。

Logbar (ログバー)
ili(イリー)- ウェアラブル翻訳機

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録