日比谷線13000系の車椅子・ベビーカースペースがある場所の表記デザインがとてもわかりやすかった #育児

スポンサーリンク

1歳になる子供と一緒の外出時はベビーカーを使うことが多いです。電車に乗る際はベビーカー・車いす用のスペースがある車両だととても助かります。しかし、路線によってどこにベビーカー用のスペースがあるのかよくわからないことが多々あります。ところが、先日乗車した日比谷線の車両が無茶苦茶わかりやすかったのですよ。

ベビーカー

紺色の帯が入っている部分に車椅子とベビーカーのマークがあります。このドアから入るとそのスペースがあることが遠目からもよくわかります。他の路線だとシールのみで近くならばわかりやすいkど、遠くからだと見えにくいものが多いです。

ベビーカーで東京メトロ千代田線に乗る

ベビーカー

日比谷線方式だと視認性が高いので、初めて利用する人にもわかりやすいのではないでしょうか。ちなみに、13000系という2017年から運用されている新しい車両のようですね。このようなわかりやすいデザインは大歓迎ですので、他の路線でもできるだけわかりやし表記にしていただければと思います。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録