梅雨の時期は雨や水をテーマにした写真を撮影するのが楽しい

スポンサーリンク

梅雨です。これからさらに雨が降る日が増えていくんじゃないかなと思うと何となく憂鬱な気分になってきます。でも、雨が降るならば、雨を活かした写真を撮ると楽しい気持ちになるんじゃないでしょうかね。例えば傘。

DSC_2685c

雨が降っていなくても、ちょっと前まで雨が降っていたんだなと想像できます。紫陽花が咲いているとまさに梅雨のイメージですよね。

雨上がりには水たまりができます。ふと水の中を見てみると、現実世界とは異なる景色が見えてきたりします。

DSC_3467c

夕方に雨が上がって夕日が見えたりすると水たまりが輝きます。

東京路地裏散歩 2013年7月7日

雨が降っていると緑が濃く見えますよね。

東京路地裏散歩 rainy day

水たまり、大好き。

東京路地裏散歩 上野 下谷神社 2015年7月5日

今日は梅雨の時期、6月と7月に撮影した雨もしくは水をテーマに感じる写真を何枚か紹介しました。雨が降っているとカメラを持ち出すのが億劫ではありますが、実は工夫と着眼点で晴れている時とは全く異なる世界を映し出せそうですよね。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録