写真 旅日記

茨城県牛久市にあるシャトーカミヤの100年以上の歴史があるレンガ造りの建物の中でワインや電気ブランの歴史を見学してきた #地域ブログ

投稿日:2017年3月25日 更新日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


茨城県牛久市内にあるシャトーカミヤを見学してきました。
牛久でワインとビールを作っている場所があるとは思いもしませんでしたね。

シャトーカミヤとは

シャトーカミヤは明治36年(1903年)に牛久で始まったワイン醸造所です。
現在でも当時事務所として使われた建物が残っています。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

普段は公開もされているようですが、僕が行った時は改装中ということで建物内を見ることはできませんでした。
しかし、この威厳がある旧事務所を外からだけでも見学できたのは嬉しいですね。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

Sponsored Link

このシャトーカミヤでは現在でもワインの醸造をしております。
また、地ビールも作っているそうです。
広い敷地内にはレストランや広場、博物館などもあり、見学する場所はたっぷりとあります。

シャトーカミヤ内のレストラン

シャトーカミヤで食事ができる場所は3箇所あります。
まずはラ・テラス・ドゥ・オエノン

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

レンガ造りの建物です。
建物の反対側は全面ガラス張りになっており、四季折々の庭園の風景を見ることができるようになっていました。
できたてのクラフトビールと創作料理を楽しむことができるそうです。

次はレストランキャノンです。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

ここはかつてワインの貯蔵庫として使われていた建物だそうです。
現在ではフレンチを味わうことができるレストランとなっています。

最後にバーベキューガーデンです。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

向こう側には広々とした芝生もあり、クラフトビールとバーベキューを楽しめます。

シャトーカミヤのお土産屋

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

ここではシャトーカミヤで作られたワイン、ビール、電気ブランなどが販売されていました。
宅配便でその場で送れるようになっていたので、重たい思いをして持ち帰らないでも大丈夫です。

シャトーカミヤの神谷傳兵衛記念館見学

ここからがシャトーカミヤ内の本格的見学の開始です。
先程の旧事務所棟のさらに奥にあるのが神谷傳兵衛記念館です。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

ここはかつて発酵室として使われていた建物です。
現在は史料館として使われており、内部を自由に見学することができます。
1階部分は樽がずらりと並んでいます。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

次は2階行くのが順路となっています。
階段の上に古いポスターも展示されていますね。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

この2階には写真資料や昔使われていたワイン醸造器具などの展示がされています。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

昔の器具って結構ものものしい感じではありますが、何となく見ただけで使用用途が想像できそうです。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

こちらがシャトーカミヤの生みの親である初代の神谷傳兵衛さんです。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

こちらが初代と二代目の神谷傳兵衛さんの並びです。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

「傳兵衛」という名前は代々受け継がれていくものだったのですね。

次はここで作られてものです。
まずは明治38年(1905年)から大正2年(1913年)の間に作られたと推定されるワイン。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

こちらは蜂ブドー酒のラベルが貼られたワイン。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

たまたま近くにいた年配の見学者の方は「昔は蜂ブドー酒って言っていたよなあ」ということを言っていました。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

次は電気ブランです。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

電気ブランは明治26年(1893年)頃に初代神谷傳兵衛によって作られたそうです。
実はあの神谷バーはシャトーカミヤの初代神谷傳兵衛によって始められたもので、そこの名物であるデンキブランがこの電気ブランになったようです。

古い広告の展示もありました。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

最後は地下に移動します。
ここはワインセラーです。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

薄暗い空間に樽が寝かされている様子は少し怖くもあります。
せっかくなので自撮りもしてみました。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

シャトーカミヤのオエノン ミュージアム見学

次はオエノン ミュージアムです。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

ここには新旧のラベルや瓶などの展示がされていました。
内部は撮影禁止です。

シャトーカミヤのブルワリー

シャトーカミヤではワインだけでなくビールの製造も行われています。
こちらがブルワリーです。

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久編

近くに行くとチェコのビール工場で嗅いだ匂いと同じ香りがしました。

まとめ

シャトーカミヤでは明治時代の建物が現在でも残っているワイン醸造所でした。
今回はレストランには立ち寄らなかったのでここで作られているワインやビールを飲むことはありませんでしたが、機会があったらぜひ飲んでみたいですね。
茨城県の牛久にこのようなワインが作られている場所があるとは全く知らなかったので、今回偶然立ち寄ることができたのは本当にラッキーでした。
牛久大仏などの観光の後にぜひ立ち寄ってみてください。

シャトーカミヤ
茨城県牛久市中央3-20-1
029-873-3151
無休(年末年始を除く)
シャトーカミヤ公式サイト

春の青春18きっぷの旅 茨城県牛久市編
平成29年(2017年)3月23日
青銅製立像として世界一の高さを誇る牛久大仏の胎内に潜入してきた!ウサギなどがいる小動物公園や食事処もあるテーマパークのような場所でしたよ #地域ブログ
茨城県牛久市にあるシャトーカミヤの100年以上の歴史があるレンガ造りの建物の中でワインや電気ブランの歴史を見学してきた #地域ブログ←今ここ
【カフェ】茨城県牛久市(かっぱの里)にあるサイトウコーヒーではカッパのパフェであるカッパフェが食べられる!15:00から18:00までのカッパタイム限定商品ですよ #地域ブログ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール


トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-写真, 旅日記,
-, , , , , ,

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D750とNikon 1 J5で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。


 

詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
とくとみのtwitter

とくとみぶろぐFacebook
ページ

とくとみのFacebook
とくとみのInstagram

鉄道コム

RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

フィードメーター - とくとみぶろぐ

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

​​タイ国政府観光局とタイ国際航空のメディア・ブロガーツアーに参加しました!
タイへ行こう!

ウェアラブル翻訳デバイスのiliを相棒に2泊3日で上海を旅しました!
iliと行く上海

チェコ政府観光局とLinkトラベラーズの企画でチェコへ招待されました!
チェコへ行こう!

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。

東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。

ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。

プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。

熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。

広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。

スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。

おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼、旅レポートなどのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム