写真 旅日記

【タイ情報】バンコクのコインロッカー LOCK BOXに荷物を預ける方法について 基本的にMRT(地下鉄)の駅ナカにあるので観光や買い物に便利ですよ

投稿日:2017年8月27日 更新日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


旅先で大きな荷物を持って歩きたくはないものですよね。
日本国内だと駅などにコインロッカーがあるので気軽に預けることができますが、海外だとそうはいきません。
ところが、先日僕がタイのバンコクに行ったときに街中にコインロッカーがありましたのでさっそく利用してみました。
簡単に荷物を預けることができますのでバンコク観光の際には大いに役立つかもしれませんよ。
ここではバンコクのコインロッカーに荷物を預ける方法について解説していきます。

バンコクのコインロッカー LOCK BOX

2017年8月現在、バンコクのMRT(地下鉄)の14駅とその周辺に合計20個のコインロッカーがあります。
LOCK BOXという名前のものです。
今回ボクはMRTのスクンビット駅(Sukhumvit)の2番出口を出てすぐのところにあるコインロッカーを利用しました。

Thailand 23.8.2017

Sponsored Link

黄色いのでものすごく目立ちますね。

Thailand 23.8.2017

ロッカーのサイズは特大、大、中、小と4種類ありました。

Thailand 23.8.2017

しかし、ここのロッカーは合計で10個というようにそんなに数はありません。

荷物を預ける手順を解説

それでは実際に荷物を預けてみましょう。
まずはこちらの操作パネルのところに行きます。

Thailand 23.8.2017

最初の画面がこちらです。

Thailand 23.8.2017

右上を見てみると多言語対応しているようですね。
タイ、イギリス、中国、日本の国旗があります。
まずは日本の国旗をタップして日本語表記に変更しましょう。
すると画面中央やや下の部分が「タップして開始」というように日本語になりました。

Thailand 23.8.2017

次の画面から日本語がものすごく怪しくなってきますが、何となくは意味が通じます。

Thailand 23.8.2017

荷物を預けたいので「取り込む」をタップします。

次にどのロッカーに預けたいのかの選択画面です。

Thailand 23.8.2017

黄色が空きで赤が使用中です。
僕は大きなスーツケースを預けたかったのでXL07を選択しました。

次は金額確認画面になります。

Thailand 23.8.2017

1日預けるのが300バーツ、もしくは1時間50バーツの2つの選択肢があります。
今回僕は時間毎の課金を選択しました。
次は金額の再確認画面です。

Thailand 23.8.2017

最低保管料は100バーツで、2時間経過後に1時間50バーツかかるようです。
確認できたら画面の「確認」をタップします。

次は電話番号の入力画面です。

Thailand 23.8.2017

僕はタイの電話番号を持っていたのでそれを入力しました。
日本の電話番号しか持っていないという場合には、「090xxxxxxx」という番号だったら「+8190xxxxxxx」ですかね。
これは次に設定するパスワードを忘れてしまった場合にSMSで連絡してくれるための設定でしょうかね。

次はパスワードの入力画面です。

Thailand 23.8.2017

LOCK BOXは物理キーで施錠解錠をするのではなく暗証番号での管理となります。
ここで4桁のパスワードを設定します。
次の画面では先程設定したパスワードをもう一度入力します。

Thailand 23.8.2017

パスワードの確認が取れたら、最後の支払画面になります。

Thailand 23.8.2017

まずは100バーツを入金します。
5分以内に入金しないとキャンセルされますので注意してください。

Thailand 23.8.2017

するとロッカーが開いて荷物を預けることができるようになります。

Thailand 23.8.2017

荷物を入れたら扉を閉めてください。
自動的に鍵がかかります。

最後にこの画面になるのでレシートを受け取ってください。

Thailand 23.8.2017

Thailand 23.8.2017

僕は17:16に預けたと印字されていますね。

荷物を取り出す手順を解説

次は荷物を取り出します。
液晶画面を日本語表示にしてから「取り出す」をタップします。

Thailand 23.8.2017

次は「取り出してロッカーをきれいにする」をタップします。

Thailand 23.8.2017

自分が預けたロッカーを選択します。

Thailand 23.8.2017

僕はXL07に荷物を入れていました。

次にパスワードの入力です。

Thailand 23.8.2017

入力後に「確認」をタップして、合っていれば次の画面になります。

Thailand 23.8.2017

どうやら僕は最初に入金した2時間分をオーバーしていたようです。
1時間オーバーなので50バーツを入金して「確認」をタップしました。

入金確認がとれると次の画面になってロッカーの鍵が開いて荷物を取り出すことができました。

Thailand 23.8.2017

最後に受け取ったレシートを確認してみると、現在時刻が19:49になっています。

Thailand 23.8.2017

17:15に荷物を預けたので確かに2時間をオーバーしていますね。

料金について

上記では特大サイズの荷物を預ける方法を説明しましたが、料金はロッカーのサイズによって異なっています。

S 1時間20バーツ、24時間120バーツ
M 1時間30バーツ、24時間180バーツ
L 1時間40バーツ、24時間240バーツ
XL 1時間50バーツ、24時間300バーツ

いずれも6時間以上預けるならば24時間料金を選択したほうがお得ですね。

コインロッカーがある場所

基本的にMRTの駅ナカにあるようです。
詳細はこちらから。
LockBox Thailand | Safe & Easy Locker | LOCATION

まとめ

バンコクにあるLOCK BOXというコインロッカーは意外に簡単に利用することができました。
これがあると大きな荷物を預けて安心して観光をすることができますよ。
ただ、日本語がかなり怪しげなので戸惑う部分があるかもしれませんのでご注意ください。
LockBox Thailand | Safe & Easy Locker


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール


トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-写真, 旅日記
-, , ,

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D750とNikon 1 J5で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。


 

詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
とくとみのtwitter

とくとみぶろぐFacebook
ページ

とくとみのFacebook
とくとみのInstagram

鉄道コム

RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

フィードメーター - とくとみぶろぐ

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

​​タイ国政府観光局とタイ国際航空のメディア・ブロガーツアーに参加しました!
タイへ行こう!

ウェアラブル翻訳デバイスのiliを相棒に2泊3日で上海を旅しました!
iliと行く上海

チェコ政府観光局とLinkトラベラーズの企画でチェコへ招待されました!
チェコへ行こう!

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。

東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。

ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。

プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。

熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。

広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。

スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。

おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼、旅レポートなどのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム