「リスボン郷愁紀行。」が特集の「ファッション誌」Pen 2008年9月15日号

スポンサーリンク

9月1日発売の雑誌Pen (ペン) 2008年 9/15号を購入しました。

本屋さんで手にとって驚いたのは、とにかく厚い!

そして重い!

体感では普段の2倍はあるように感じてしまいました。

そして一番の外見の変化は綴じ方です。

通常Penは中央を針金で固定する中綴じですが、今号は無線綴じと言って本の背が糊付けされたものになっていたのです。

これではページを完全に開ききることができないので、僕はこの綴じ方が好きではありません。

中綴じだったら読みたいページを開くときに360度開いてしまえば片手で持てますが、無線綴じだと片手で持つことはできないので電車の中やお風呂で読むときに非常に困るのです。

この体裁は今号だけにして欲しいなあ。

さてさて、今号のメインの特集は「リスボン郷愁紀行。」と題されたもので、最新のモードファッションを身に着けたモデルさんをポルトガルのリスボンの街角で撮影しているのです。

これがなかなかいいのです。

ファッションのことは全くよくわからない僕ですが、リスボンという古都の中でその服がとても映えるのです。

古さと新しさがみごとに融合し、時代を超えたアーティスティックな要素がこれでもかというくらいにじみ出てくるのですよ。

京都や東京の下町でこういう企画をやってもおもしろいかも。

ファッションに興味がある方はぜひ手にとって欲しい雑誌です。

その他の記事では「東京6大ファッションタウンの、最新事情。」もなかなかおもしろいと思います。

6大ファッションタウンとは、渋谷、新宿、青山、六本木、丸の内、銀座と定義付けられており、それぞれの街が短文で簡潔に紹介されています。

ステレオタイプ的なところもあるけれども、この6大タウンとは全く縁がないとくとみにとってはある種のステレオタイプでもかなり役立つのです。

それ以外にもファッション記事が満載で、いつものようにデザイン色がかなり薄くなっています。

今号はファッション誌Penと言ってもいいでしょうね。

Pen (ペン) 2008年 9/15号 [雑誌] Pen (ペン) 2008年 9/15号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録