線路に囲まれた場所にある東急大井町線等々力駅

スポンサーリンク

東急大井町線の等々力駅の構造が面白いです。

駅へ入るにはこのように線路を越えて行くようになっています。

反対側も道路から線路を越えて駅に入るようになっています。

図解するとこういうことです。

駅への入り口は両サイドに2箇所あるのですが、両方とも踏切を越えなければなりません。

つまり駅は線路と線路の間にあるという不思議な構造をしているのです。

駅の中から電車が来た様子はこのようになります。

こういう構造の駅は地方にはあるということは聞いていたのですが、東京23区内にも存在しているとは全く知りませんでしたので、等々力駅に降り立った時は驚きと共に大興奮してしまいました。

ホームの屋根も木造でなかなか雰囲気がありましたよ。

現在地下化のための工事準備中ということで、近い将来この等々力駅を見ることができなくなってしまうかもしれません。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録