鉄道博物館に展示されている機関車たち 鉄道博物館撮影会 その5

スポンサーリンク

12月26日。
七鉄の会のみんなと鉄道博物館に行ってきました。
今回は機関車特集です。
まずは僕が最も美しい車両だと思っているEF58から。

僕が最初に買ったNゲージの車両はEF5861でした。
気品漂うお召し列車の美しさの虜になったものです。
その61号機ではありませんが、それでもEF58が美しいことには変わりはありません。

何度見に来ても惚れ惚れとしてしまいます。

次は蒸気機関車の弁慶号です。

クリスマスシーズンということでクリスマスの飾り付けがきれいに施されていました。

次はED75です。

「あけぼの」のヘッドマークが取り付けられています。
その向こうの特急、急行型の車両にも思わず目が行ってしまいます。

最後は真打、C57です。

このC57はヒストリーゾーンの中央にある転車台に鎮座しており、12:00と15:00の1日2回ぐるっと1回転してくれます。

今回もしっかりと回転実演を見てきました。
回転時間になるとたくさんの人がこの転車台の周りに集まり、食い入るようにSLを見つめていました。

ヒストリーゾーンでたっぷり遊んで疲れたので、3階にある休憩室へ。
ここは真横に新幹線がびゅんびゅん通ってくれるので迫力満点なのです。

子供にとっては展示車両よりも現役の新幹線を見るほうが楽しいのかもしれませんね。

以上、鉄道博物館レポートでした!

鉄道博物館撮影会まとめ
諫早バスターミナルで最後の撮影をする 鉄道博物館撮影会 その1
津軽鉄道のストーブ列車オハ31を撮影 鉄道博物館撮影会 その2
戦前の車両、クモハ40とキハ41000を撮影 鉄道博物館撮影会 その3
懐かしい上野駅の雰囲気を楽しむ 鉄道博物館撮影会 その4
鉄道博物館に展示されている機関車たち 鉄道博物館撮影会 その5←今ここ

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVR及びNikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4Dシグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC デジタル専用 HSM ニコン用で撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録