小さな手漕ぎの船で太海から仁右衛門島へ 春の南房総への旅 その13

スポンサーリンク

3月30日。
春の南房総の旅2日目は内房線の太海駅から仁右衛門島への渡船のりばへとやってきました。

まずは地図を確認してみましょう。


大きな地図で見る

内房線の太海駅から歩いて12分程のところにある小さな島です。
この島は平野家の住居が一戸だけあり、代々主人が仁右衛門という名前を襲名して島を守り続けているのだそうです。
磯遊びや海水浴も島でできるそうですよ。
島へ渡る交通手段は手漕ぎの渡船のみです。
大人一人往復で1350円です。
それでは渡船に乗り込んでみようと思います。
仁右衛門島は向こう側にある島で、ちょうど船がこちら側に戻ってくるところでした。

距離はとても近いですね。
岸壁からこの小さな船に乗り込みます。

船は静かに出港。

湾内の通行のみなので船はほとんど揺れません。

手漕ぎの船も意外にスピードがあるものでどんどん太海の町から遠ざかっていきます。

船の上からの眺めは360度開けているのでどこを見ても楽しいのですよ(笑)

ちなみにこの船の定員は32名です。

仁右衛門島に近づいて来ました。

島の景色はなかなか荒々しく、わずかな時間しか船に乗っていないのに異国の地にやって来たかのような感じもします。

到着して下船。

船は帰りのお客さんを乗せてまた太海の町に戻っていきます。

基本的に時刻表はなく、お客様が来たら船を出すという形になっています。
仁右衛門島の渡船係の詰所の中を見てみました。

こういうのドラマなどで見たことありますよね。
この詰所の先にコンクリートの大きな建物があります。

ここはお土産売り場などが入っていて、島の入口となる建物です。
それでは仁右衛門島の中をてくてく歩いてみることにしましょう。
その話はまた次回。

春の南房総への旅
特急わかしおに乗って桜の残る安房小湊へ 春の南房総への旅 その1
安房小湊の滝口海産で新鮮なお魚を食す 春の南房総への旅 その2
安房小湊の鯛の浦遊覧船に乗ってタイの生息地を見学する 春の南房総への旅 その3
鯛の浦の遊歩道を歩きながら海を眺める 春の南房総への旅 その4
鯛の浦の仏舎利塔への道の途中で出会ったのはマムシだった 春の南房総への旅 その5
桜、菜の花、タンポポなどの安房小湊の春景色 春の南房総への旅 その6
オーシャンビューのホテル「吉夢」の宿泊した部屋を紹介します 春の南房総への旅 その7
日蓮聖人ゆかりの誕生寺を参拝する 春の南房総への旅 その8
安房小湊で宿泊したホテルの吉夢での超豪華な夕食 春の南房総への旅 その9
仁右衛門島への玄関口となる内房線の太海駅へ 春の南房総への旅 その10
仁右衛門島へ向かって太海の町を歩いてみる 春の南房総への旅 その11
太海の町のネコたちを撮影する 春の南房総への旅 その12
小さな手漕ぎの船で太海から仁右衛門島へ 春の南房総への旅 その13←今ここ
自然豊かな仁右衛門島の中を散策する 春の南房総への旅 その14
仁右衛門島の島主「平野仁右衛門」さんの住居を見学する 春の南房総への旅 その15
仁右衛門島の潮だまりでナマコに会う! 春の南房総への旅 その16
太海の路地裏で頭にご飯粒をのっけたネコに挨拶をされる 春の南房総への旅 その17
臨時列車のリゾートあわトレインで前面展望を楽しむ 春の南房総への旅 その18
鴨川シーワールドでイルカのショーを見学する! 春の南房総への旅 その19
最後に素敵な笑顔が待っているアシカのショーを見学する! 春の南房総への旅 その20
観覧席まで飛び散る水しぶきが迫力満点!鴨川シーワールドのシャチのショーを観る! 春の南房総への旅 その21(最終回)

写真はNikon D90+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録