安房小湊の鯛の浦遊覧船に乗ってタイの生息地を見学する 春の南房総への旅 その3

スポンサーリンク

3月29日。
外房線の安房小湊駅からバスで数分のところから出発する鯛の浦遊覧船に乗ることにしました。
こちらがその船です。

この遊覧船が発着する港は小さな漁船が出入りするところでもあるので、周りにはこんな船もたくさんいます。

それでは出発です。
港から出ると船は大きく揺れ出しますので、船が苦手な人にはちょっときついかも。
でも短時間で船旅の雰囲気が味わえるのはなかなかいいですよ。

この先に進んでいきます。
どれくらい揺れるのかというのはこの波しぶきと写真の斜め具合から想像してもらえればと思います。

タイの生息ポイントに到着すると停船してくれまうので、海の中を見てみると、、、

いた!
うようよいる!
係のおじさんが海に餌を放り投げると競うように餌をガツガツ食べていました。

この日は波が高いということもあってかこのタイの生息地見学のみで帰港することに。
本来ならば小湊の海をたっぷりと巡るコースなのだそうですよ。

帰り道では操縦室もちょっと見させてもらいました。

船の運行の安全を祈願する神棚も置かれていますね。

港に帰る途中でこの日に宿泊する満ちてくる心の宿 吉夢の前を通りました。

こんなに海の近くにあるホテルに宿泊するというのはかなり楽しみです。
そして港に到着。

港には無料で見学できる展示館もあるので、せっかくなので見せていただくことにしました。
そこには昔の鯛の浦の様子を再現したジオラマもありました。

昭和天皇がこの遊覧船にご乗船なさった時の写真も飾られています。

昔の写真がたくさん掲示されているので、現在の様子を比較してみるとなかなか楽しいです。

展示館での見学の後は小湊の町を少し歩いてみることにします。
その話はまた次回。

春の南房総への旅
特急わかしおに乗って桜の残る安房小湊へ 春の南房総への旅 その1
安房小湊の滝口海産で新鮮なお魚を食す 春の南房総への旅 その2
安房小湊の鯛の浦遊覧船に乗ってタイの生息地を見学する 春の南房総への旅 その3←今ここ
鯛の浦の遊歩道を歩きながら海を眺める 春の南房総への旅 その4
鯛の浦の仏舎利塔への道の途中で出会ったのはマムシだった 春の南房総への旅 その5
桜、菜の花、タンポポなどの安房小湊の春景色 春の南房総への旅 その6
オーシャンビューのホテル「吉夢」の宿泊した部屋を紹介します 春の南房総への旅 その7
日蓮聖人ゆかりの誕生寺を参拝する 春の南房総への旅 その8
安房小湊で宿泊したホテルの吉夢での超豪華な夕食 春の南房総への旅 その9
仁右衛門島への玄関口となる内房線の太海駅へ 春の南房総への旅 その10
仁右衛門島へ向かって太海の町を歩いてみる 春の南房総への旅 その11
太海の町のネコたちを撮影する 春の南房総への旅 その12
小さな手漕ぎの船で太海から仁右衛門島へ 春の南房総への旅 その13
自然豊かな仁右衛門島の中を散策する 春の南房総への旅 その14
仁右衛門島の島主「平野仁右衛門」さんの住居を見学する 春の南房総への旅 その15
仁右衛門島の潮だまりでナマコに会う! 春の南房総への旅 その16
太海の路地裏で頭にご飯粒をのっけたネコに挨拶をされる 春の南房総への旅 その17
臨時列車のリゾートあわトレインで前面展望を楽しむ 春の南房総への旅 その18
鴨川シーワールドでイルカのショーを見学する! 春の南房総への旅 その19
最後に素敵な笑顔が待っているアシカのショーを見学する! 春の南房総への旅 その20
観覧席まで飛び散る水しぶきが迫力満点!鴨川シーワールドのシャチのショーを観る! 春の南房総への旅 その21(最終回)

写真はNikon D90+Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8Gで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録