【Tokyo Train Story】踏切がある光景(都電荒川線)

スポンサーリンク

Tokyo Train Story 都電荒川線 2015年1月5日

都電荒川線の向原から鬼子母神前の間はこれからどんどん景色が変わっていきます。
かつては民家が線路脇にあった場所ももうほぼ更地になっていて工事が入るのを待っているところです。
たくさんある踏切も、こうして毎日何度となく開閉している姿が見られるのも今のうちですね。

都電荒川線
向原-東池袋四丁目

写真はNikon D610+Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED フルサイズ対応で撮影し、SILKYPIX Developer Studio Pro6で現像しました。

Tokyo Train Storyとは東京の鉄道風景写真を1日1枚公開するシリーズです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録