バンコクにあるソンブーンシーフード スラヴォン店で元祖プーパッポンカリーを食べてみた!タイ料理初心者の方にもお勧めのお店ですよ #AmazingThailand #LoveThailand

スポンサーリンク

タイ国政府観光庁とタイ国際航空のメディア・ブロガーツアーで最初に訪れたのはバンコクにあるSOMBOON SEAFOOD ソンブーンシーフードです。
タイに来たならばタイ料理を食べなくちゃ始まりませんよね。

ソンブーンシーフード スラヴォン店

今回連れて行ってもらったのはソンブーンシーフードです。
バンコクに7つのお店があるという人気店ですね。
そのうちのSurawong スラヴォン店に行ってみました。
お店の外観はなかなかゴージャスでテンションがあがりますよ。

タイへ行こう 2017年6月21日

Sponsored Link

また、お店の前には水槽があって魚が泳いでいたりします。

タイへ行こう 2017年6月21日

お土産用(?)のカニもずらりと並びます。

タイへ行こう 2017年6月21日

タイのビールやコーラで乾杯!

それでは店内に入りましょう。
まずはドリンクからですね。
ビールが飲めるひとはシンハ・ビールとチャーン・ビールです。

タイへ行こう 2017年6月21日

僕はアルコール類はそんなに得意ではないのでここはコーラで(笑)

タイへ行こう 2017年6月21日

みんなにドリンクが行き渡ったところで乾杯です!

タイへ行こう 2017年6月21日

タイではみんなでシェアして食べる!

タイでは複数人で食事に行くときは大皿をみんなでシェアして食べるのだそうです。

タイへ行こう 2017年6月21日

円卓の中央部分はぐるぐる回るようになっているので、向こうに置かれたお皿も簡単に手前に寄せられるのがいいですね。
ワンプレートで一人一皿だと食べられる種類がどうしても少なくなるけど、このシェア形式だったらいろいろな味が楽しめます。
このタイ取材旅行の最中は全てこのシェア形式の食事でした。

お勧めはプーパッポンカリー

日本のタイ料理屋さんでもプーパッポンカリーはよくありますよね。
その元祖がこのソンブーンシーフードなのだそうですよ。

タイへ行こう 2017年6月21日

日本ではソフトシェルのものをよく食べていましたが、こちらはハードシェルです。
カニをほぐさなくてはいけないのでちょっと手が汚れはしますが、美味しいのは確実なのでその手間が惜しくなくなりますよ。
甘さと辛さがうまく絡み合ってバクバクと食べられまいた。
しかし、そんなに辛くはありませんでしたね。
お皿のサイズはS、M、Lとありますので、人数に応じて注文する大きさを変えればいいでしょう。

シーフードもたっぷり

店名に「シーフード」が入っているとおり、メニューにもシーフードが多いです。
このエビは美味しかったですね。

タイへ行こう 2017年6月21日

2個食べましたが、他のメニューがお腹いっぱいで食べられなくなると困るのでここでやめておきました。

タイへ行こう 2017年6月21日

こちらはフエダイとナンプラ揚げ。

タイへ行こう 2017年6月21日

緑の野菜もいっぱい

海外に行くと日本でよりも野菜を食べる量が減っているというのが個人的感覚ですが、タイではそんなことはありませんでしたね。
空芯菜とニンニク炒め。

タイへ行こう 2017年6月21日

これは美味しかった。

チャーハンが絶品!

今回のソンブーンシーフードで僕が一番気に入ったのはこのチャーハンです。

タイへ行こう 2017年6月21日

日本で食べるよりもちょっと甘めで、タイ米もなかなか美味しいです。
同じチャーハンでも違う味なのが楽しいですよ。

デザートはもちろんフルーツ

食後のデザートは当然のようにフルーツですね。

タイへ行こう 2017年6月21日

パイナップル、スイカなどで、タイのフルーツのカット方法が独特です。
タイではどこでもこうだったので、特殊な包丁でも使っているのでしょうかね。

まとめ

タイでの初めての食事はソンブーンシーフードで食べました。
覚悟していたほど辛いものは少なかったので、ここはタイ料理初心者の日本人でも間違いなく美味しく食べれられると思います。
有名店であるという安心感もありますしね。
しかもプーパッポンカリーの元祖のお店であるというのもお勧めポイントですよ。
ただし、タクシーなどでソンブーンシーフードに連れて行ってもらおうと全然別のお店に案内されるなどというような被害もあるそうなので要注意です。
ソンブーンシーフードは公式ウェブサイトに掲載されている7つのお店しかありませんからね。

ソンブーンシーフード スラヴォン店
SOMBOON SEAFOOD Surawong
169,169/7-12 Surawong Rd.,Suriyawong, Bangrak, Bangkok 10500
02-233-3104
16:00-23:30
無休
Somboon Seafood

今回の旅はタイ国政府観光庁(TAT)とタイ国際航空(TG)によるメディア・ブロガーツアーで、渡航費、宿泊費、現地でのアクティビティ費を提供していただきました。ありがとうございます。なお、個人的な買い物等は自腹でした。

タイ国政府観光庁(TAT)
タイ国際航空(TG)

今回のタイへの旅についての記事はこちらにまとめました。
3泊5日のタイ旅行!バンコク、アユタヤ、カンチャナブリなどを紹介した記事をまとめてみた #AmazingThailand #LoveThailand

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録