上海で一番のお勧めカフェは「窩 The Nest」 レトロな建物にネコやウサギもいて、日本語が話せるスタッフもいて安心です! #ili #iliモニター #PR

スポンサーリンク

グローバルWiFiでレンタルすることができるウェアラブル音声翻訳デバイスのiliと一緒に上海を旅してきました。
グローバルWiFiでレンタルできるウェアラブル音声翻訳デバイスのiliは中国語圏を旅行する際の心強いパートナー!使い勝手をレビューしてみた #ili #iliモニター #PR | とくとみぶろぐ

今回は上海で僕の一番のお気に入りになったカフェを紹介したいと思います。

-ili(イリー)を持って旅に出よう!- ili TRAVELER

窩 The Nestへの行き方

カフェの名前は窩 The Nestです。
場所がすごくわかりにくいのですよ。
最寄り駅は地下鉄2号線と7号線の龍安寺駅、または、1号線と7号線の常熟路駅です。
富民路と巨鹿路の交差点付近にあるここが入り口です。

上海 2017年6月11日

Sponsored Link

里花光という大きな看板と「786弄1-66号 巨鹿路」という住所表示が目印です。

上海 2017年6月11日

この中に入っていくと普通の住宅街です。
洗濯物が無造作に干してあったりして、観光客が入り込んでいい路地なのかとても不安になりますが、勇気を出して歩いてください。
真っすぐ進んでいくと壁があって、左に折れる道があります。

上海 2017年6月11日

ここを曲がった右手にコーヒーカップが描かれた看板が出ていました。

上海 2017年6月11日

上海 2017年6月11日

ここが窩 The Nestの入り口の門です。

上海 2017年6月11日

これほどの隠れ家カフェはそうはありませんよ。
しかも中国ですから、日本人観光客にとってはちょっとハードルが高いかもしれませんね。

窩 The Nestは王正延の旧居

窩 The Nestは国民党の高官だった王正延の旧居だったそうです。

上海 2017年6月11日

1923年から1949年の香港移住までここに住んでいたとのことです。
上海にはこのような古民家というか歴史的遺産が結構残っているので散歩にはものすごく楽しい街です。

窩 The Nestの店内

実は先程の門の前に来たところで日本人かと間違えてしまうくらい日本語が堪能なお店のスタッフに声をかけられました。
「もしかして日本人?」
びっくりしましたね。
結構年齢は行っている方ではありますが、以前東京の池袋に住んでいたこともあったそうです。
僕のカメラを見て、たくさん写真を撮って欲しいと言ってくれましたので遠慮なく店内を撮影させてもらいました。
これがまたみごとなのですよ。
見てくださいこの壁面。

上海 2017年6月11日

これだけ物があってごちゃごちゃしているのに、うるさい感じはしないのですよ。
海外ドラマなどでよく見るようなレイアウトです。
どこを見ても素敵な壁面なので撮影が楽しくて仕方ありません。

上海 2017年6月11日

別室も雰囲気がありますよ。

上海 2017年6月11日

黒電話や昔のラジオもいい感じです。

上海 2017年6月11日

この椅子もアンティークなんだろうなあ。

上海 2017年6月11日

ちなみに、トイレはバスタブ付きです。

上海 2017年6月11日

お約束の自撮りもしておきました(笑)

上海 2017年6月11日

窩 The Nestのメニュー

それでは席に落ち着いて、メニューを見てみましょう。
今回はここでランチを食べることにします。

上海 2017年6月11日

色々なメニューがあるのですが、一番上にあるクラシック イタリアンスパゲティを注文しました。
ドリンクはアイスのアメリカンコーヒーです。

上海 2017年6月11日

合計で88元、日本円にして約1300円といったところでしょうか。

窩 The Nestのアイスコーヒー

まずはアイスコーヒーが先に出てきます。

上海 2017年6月11日

この日はものすごく暑い一日だったので冷たい飲み物が体に凍みましたね。

窩 The Nestのスパゲッティ

次はメインのクラシック イタリアンスパゲティです。

上海 2017年6月11日

ミートソースですね。
中国でスパゲッティを食べるのは何だか不思議な感じもしますが、この雰囲気の中ですから実際には違和感は全くなしです。

ネコやウサギがいる庭がある!

食後は庭を見せてもらいました。

上海 2017年6月11日

ここにも椅子とテーブルが用意されているので、こちらで食事をしたりすることもできます。
ここから見る建物も歴史を感じさせますね。

上海 2017年6月11日

カフェがあるのはフランス租界エリアに近いということもあってか、煉瓦がフランス積みですね。
煉瓦の長辺と短辺が交互になっているのがわかると思います。

上海 2017年6月11日

この庭のメインは何と言っても動物たちでしょう。
ネコ!

上海 2017年6月11日

ウサギ!

上海 2017年6月11日

レトロな建物のカフェで満足でしたが、動物も見られるとはなんてポイントが高いことでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。
この隠れ家的古民家カフェには行ってみたくなりませんか?
日本語が話せる店員さんも日本人が来店したら大喜びしますよ。
上海に観光や出張に行く方はぜひこの窩 The Nestを探し出してみてください。

そうそう、この旅はウェアラブル音声翻訳デバイスのiliを持ってのものでしたが、日本語ができる店員さんと日本語で会話していたので出番はなしでした。

窩 The Nest
上海市静安区巨鹿路786弄66号1楼(近富民路)
021-52123950
11:30-21:30
定休日 月曜日

この旅はiliを開発した株式会社ログバーより渡航費、宿泊費、グローバルWi-Fi(iliのオプション付き)のレンタル費用を提供していただきました。現地でのアクティビティ費については自腹です。

Logbar (ログバー)
ili(イリー)- ウェアラブル翻訳機

るるぶ上海・蘇州

JTBパブリッシング 2018年02月08日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録