リブマックスリゾート熱海シーフロントに1歳1ヶ月の子供と宿泊してきた!部屋、客室露天風呂、景色、食事の全てが最高のホテルだった #育児

スポンサーリンク

先日1歳1ヶ月になる子供を含む家族3人で静岡県の熱海に旅行に行ってきました。宿泊したのはリブマックスリゾート熱海シーフロントです。このホテルが部屋、食事、お風呂と何もかもが素晴らしくて、子連れでも安心して泊まることができましたのでレポートします。

リブマックスリゾート熱海シーフロントの場所

リブマックスリゾート熱海シーフロントは熱海サンビーチの南側、熱海親水公園を通りを挟んだ向かい側にあります。こちらが外観です。

P1060289c

Sponsored Link

2018年7月20日にオープンしたということで、周囲に比べるとかなり新し目の建物です。別角度から見てもきれいな建物ということがわかりますね。

P1060439c

地図でも確認しましょう。

熱海駅からだと徒歩でも15分くらいです。駅からの場合下り坂なので荷物があっても苦ではないですが、駅に行くとなると上り坂となります。

ホテルの中も軽く見てみましょう。フロント横のロビーはこんなに清潔感があふれていて、しかもおしゃれです。

P1060295c

ここにはウエルカムドリンクとしてコーヒーが無料でいただけます。

P1060296c

宿泊したのはオーシャンスイート

今回宿泊したのはオーシャンスイートという部屋です。面積は21平米で最大3人が宿泊できます。まずはこちらのベッドを御覧ください。

P1060297c

ベッドサイズは横120cm、縦195cmで、これが2つ並んでいます。親子3人だったので十分すぎるほどの広さがありましたね。シモンズ製のベッドですよ。枕元には証明の操作盤とコンセントがあります。

P1060303c

スマホなどを充電するのはやっぱり枕元が一番便利ですよね。新しいホテルなのでその点はしっかりと考慮に入れられています。

このベッドの横にちゃぶ台と座布団があるスペースがあります。

P1060298c

洋室だけれども和のテイストが入っていますね。壁には50インチのでっかいテレビもあります。このスペースで子供はたっぷりと遊ぶことができますよ。

P1060361c

子供目線で部屋を見てみます。

P1060302c

興味深いものがたくさんあったようで、到着するなりすぐに遊び始めました。

P1060307c

この後撤去できるものは全て高い場所に移動させました。

デスクはこちら。

P1060305c

下に冷蔵庫と下足入があります。バスローブや電子ケトル、茶器もここにあります。なお、サービスのペットボトルの水2本もここに置かれています。

バルコニーはオーシャンビュー

オーシャンスイートはその名の通りオーシャンビューな部屋です。バルコニーに出て海を見てみましょう。まずは夕方。

P1060317c

静かな海です。遠くに見えるのは初島ですね。そして翌朝。

P1060343c

どうやら正面から太陽が昇ってくるようです。ゆっくりと太陽が水平線の彼方から顔を出しました。

P1060344c

きっと日の出が見られるだろうなと思っていはいましたが、まさかこんなに美しい姿となるだなんて期待していませんでした。ほんとラッキーです。ちなみに、バルコニーには椅子とテーブルもありますよ。

P1060346c

客室露天風呂が最高に気持ちいい!

リブマックスリゾート熱海シーフロントの全部屋(!)には客室露天風呂があります。いつでも入れて、誰に気兼ねする必要もないというのが嬉しいですね。

P1060355c

親子2人で入っても余裕がある大きさです。ナトリウム・カルシム-塩化物温泉(低調性、弱アルカリ性、高温泉)で、源泉かけ流しの湯です。外国人観光客にもわかるように英語の案内も出ていました。

P1060357c

海を望む大浴場

部屋に露天風呂はあるものの、8階には大浴場もあります。

P1060312c

眺望露天風呂もあり、部屋からよりも高い位置から海を望むことができます。イメージとして、同じ8階にある喫煙所からの眺めがこちら。

P1060310c

露天風呂からだともっと海を正面に望む形になります。

入浴可能時間は15:00から翌11:00までですが、1:00から5:00は清掃時間となっており入浴不可です。客室露天風呂がありますので、夜中はそちらを利用するということですね。

美味しい料理がずらりと並ぶバイキング形式の食事

次は食事を見てみましょう。夜朝ともにバイキング形式の食事でした。子供用の椅子、食器も用意されています。

P1060319c

P1060321c

今回の旅ではベビーフードも持参していましたが、子供が食べられるものもあったので使わずに済みました。

まずは夕食から。どんな食事が用意されていたのかごく一部ではありますが見ていきましょう。まずはサラダ。

P1060322c

ビーフシチュー。

P1060329c

ローストビーフ。

P1060328c

お蕎麦。

P1060327c

スイーツ。

P1060323c

P1060324c

お寿司。

P1060332c

本当はもっとたくさんメニューがありますよ。で、今回僕がよそってきたものがこちら。

P1060331c

子供が喜びそうなものばかりですね(笑)この中でも一番の絶品だったのがこちらのステーキです。

P1060336c

3枚食べちゃました(笑)おそらく今まで食べた中で一番美味しいお肉だったかもしれません。このお肉を食べるがためにまた泊まりたいと思ったくらいです。

締めはスイーツで。

P1060334c

次は朝食です。夕食の時はレストラン内を撮ることができなかったのでこの時間帯で撮影しました。4人がけのテーブル、2人がけのカウンター席などがあります。

P1060348c

僕たちは夕食も朝食もこの海が見える席に座りました。

P1060350c

食事が置かれている場所はこんな感じです。

P1060351c

これでも一部分で、まだ奥の方にスペースがあります。

僕の朝食はこのようになりました。

P1060352c

またカレー。好きなものを取ってくるとこうなっちゃうのですよね。でも美味しいからこれは仕方がないことです。食後のデザートはスイーツ、フリーつ、そしてアイスです。

P1060353c

P1060354c

夕食のときから気になっていたアイスをここで食べました。チョコが断然お勧めですよ。

子連れでも安心して宿泊できました

まだ1歳1ヶ月とうい小さな子供と一緒に宿泊したわけですが、部屋、食事、お風呂、いずれもとても楽しんでいたように見えました。部屋の中でもハイハイするスペースもしっかりあるし、生まれて初めての温泉も気持ちよかったようです。赤ちゃんと一緒に旅行したいというときにはかなりお勧め度が高いですよ。

まとめ

子供も楽しめると同時に大人もたっぷりと楽しんじゃいました。お風呂も気持ちいいし、食事は美味しいし、景色は最高だし、部屋は清潔で居心地いいしで、何もかもが素晴らしいホテルでしたね。これだけ満足度が高い宿泊もなかなかないですよ。熱海に行くなら毎回リブマックスリゾート熱海シーフロントでいいかなと思っています。夏は屋上にプールも開放されるので水着持参が必須ですよ。詳細、予約はこちらからどうぞ。

 

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録