パシフィコ横浜で開催されているCP+のBenQブースで展示されているカラーマネジメントディスプレイとセミナーなどについて紹介します! #BenQアンバサダー #CPplus2019

スポンサーリンク

2019年2月28日(木)から3月3日(日)までパシフィコ横浜にてカメラと映像のワールドプレミアショー CP+が開催されています。出展企業はカメラやレンズのメーカー、カメラグッズなどがほとんどですが、その中でも異色なのがBenQです。PC用のディスプレイを展示しているのです。カラーマネジメントディスプレイと言いまして、色を忠実に再現することができるものです。ディスプレイ上で正確な色が表現されていないと、いくらRAW現像や調整をしたとしても写真として完成はしません。実はデジタルで写真を撮る際に一番最後の重要なポイントとなるのがディスプレイなのですね。なので、BenQはCP+でディスプレイの展示をするわけです。

さて、実は僕はそんなBenQのアンバサダーとして普段活動をしています。そこで3月2日(土)の一日だけではありますが、CP+のBenQブースをお手伝いしてきましたのでレポートいたします。

CP+2019 BenQ

BenQブースにはディスプレイがずらり!

BenQブースは会場のDという入口を入ってすぐ右手あります。まずは全体像をどうぞ。

CP+2019 BenQ

Sponsored Link

黒を基調としたシックなデザインのブースです。ここに数点のディスプレイが展示されています。まずはこの3点。

CP+2019 BenQ

左から順にSW271、PV270、SW2700PTです。3点ともカラーマネジメントディスプレイで、Adobe RGB 99%、ハードウェアでのキャリブレーション対応です。全て27インチですが、SW271のみが4K UHD、HDR10に対応しています。

次はこちらの2点。

CP+2019 BenQ

SW240とPD3220です。SW240は24.1インチサイズのカラーマネジメントディスプレイです。PD3220Uはデザイナー向けのディスプレイで、4K UHD対応、Thunderbolt3での接続が可能となっています。まだ日本での発売はしていないので参考出品です。これらの5つのディスプレイは自由にタッチアンドトライをすることができました。来場者の方々はBenQの写真の方の説明を熱心に聞いていたのが印象的です。

この展示の中で一際異彩を放っていたのがこちらです。

CP+2019 BenQ

カバンの中にモニターが入っている!先程のSW240がここに入っておりまして、いつでもどこでもカラーマネジメントディスプレイで写真の編集ができるというものです。バッテリーが搭載されているので、電源いらずです。車載電源に接続もできるので、車で移動しつつ撮影をする時などに威力を発揮するそうです。参考出品なので販売はまだされていませんが、大注目を浴びていました。

興味深いセミナーがこんなにたくさん!

ディスプレイの展示以外には5つのセミナーもありました。3月2日(土)のスケジュールは次のものです。

CP+2019 BenQ

順番に簡単に振り返ってみます。まずは10時からのKYON.Jさんによる「トラベルフォトグラファー KYON.Jが「奇跡な一瞬」を語る。」です。

CP+2019 BenQ

たくさんの奇跡な一瞬をとらえた写真を見せてくれましたが、それらは偶然の産物ではなくて、しっかりとした計算と予測、そしてちょっとの運によって生まれたもののようです。事前調査と粘る姿勢に感心させられました。

12時からは会場の中央に設営されたプレゼンテーションステージで鈴木佑介さんによる「動画もRAWの時代。BenQで作るカラーグレーディング環境」です。

CP+2019 BenQ

当然のことではありますが、動画も色がとても重要です。色によって時間、季節、感情といった演出を加えることができます。このセミナーでは動画の編集の実演もあったりしてとても新鮮な気持ちで聞くことができました。

14時からは大野咲子さんの「インスタ映えする「スイーツ&シズル写真」の撮り方講座」です。

CP+2019 BenQ

僕自身食べ物の写真はよく撮影するので、光の工夫や画作りについてとても参考になりました。2点だけポイントをまとめますと、光は半逆光、画作りではお皿は全部入れなくてもよいというものです。これらはすぐに実践できるものですよ。

15時からは中原一雄さんの「写真と色に関する疑問や失敗あるあるを解決!カラーマネジメントディスプレイと正しい知識で最高の写真編集環境を作ろう」です。

CP+2019 BenQ

ともすると難しい色の話ですが、中原さんは図解を多用してとてもわかりやすく解説してくれました。カラーマネジメントディスプレイを使う利点はこのセミナーを聞けば丸わかりになること間違いなしです。

16:30からは山写さんの「山岳写真の基礎技術と自然の色彩をコントロールするカラーマネジメント」です。

CP+2019 BenQ

山写さんは顔出しNGです。しかし、写真からその人気ぶりはわかりますよね。命がけの山岳写真がどのように生まれるのか熱く語ってくれました。先程のブース紹介でも出てきた、カバンに入ったディスプレイを実際に使った感想もお話されました。

BenQアンバサダーとして何をしたのか

さてさて、以上のようなBenQブースで僕は一体何をしていたのかと言いますと、アンバサダーへの勧誘のようなものを行っていました。BenQのTwitterをフォロー、Facebookへのいいね、アンバサダーへの登録のいずれかでオリジナルグッズをプレゼントしました。

CP+2019 BenQ

もちろんこれまでにフォローなどしていてもOKです。僕と同じBenQアンバサダーのchawanさんには付箋をプレゼントしました。

CP+2019 BenQ

その他、随時BenQブースに足を運んでもらえるようにTwitterへの投稿をしていました。

で、最後はブースを彩るコンパニオンの方々と記念撮影。

CP+2019 BenQ

この写真のおかげで一日の疲れが吹き飛びました(笑)

まとめ

CP+のBenQブースでは、カラーマネジメントディスプレイを実際に触ることもできますし、写真や色についてとてもためになるお話が聞けるセミナーも目白押しです。最新のカメラやレンズのチェックだけでなく、BenQブースでぜひディスプレイを触ってみてください。きっと今使っているディスプレイを買い替えたくなりますよ。

実はCP+にてBenQアンバサダー活動をするのは3年連続3度目でした。実際とても疲れはするのですが、それ以上に好きな企業のお手伝いができるのは楽しいことです。毎年お客さんとして顔を出していたCP+により積極的に携わっている感覚も出てきますしね。また来年も機会があったらお手伝いしていですね。

CP+は2019年3月3日(日)まで開催されていますよ!

BenQアンバサダーではBenQ製品のモニター企画や限定イベントへの参加、今回のようなCP+のブースレポーター活動などをすることができます。興味がある方はぜひ!
BenQアンバサダープログラム

参考リンク
プロジェクター、モニター、ディスプレイ、照明、スピーカー | BenQ Global
Facebook
Twitter
CP+2019 カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)」

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録