憧れの旧型客車に試乗してみた ふれあい鉄道フェスティバル その3

スポンサーリンク

僕にとってこのふれあい鉄道フェスティバルでのメインとなる展示車両は旧型客車でした。
最近では「セピア色の~」としてJR東日本の各地を走っているのを時刻表上では知っていましたが実際に見るのは初めてでした。

茶色の塗装で、いかにも重そうな感じがしますが、ピカピカに磨きあげられています。
「旧型」だからもうちょっとぼろくてもいいかなとも思います。

今回のイベントでは中に自由に入ることもできました。
中はボックスシートがずらりと並んでいます。

電気は付けられていなかったのでちょっと薄暗い感じです。
網棚は本物の網でできていましたよ。

椅子ももちろん木製です。

叩いてみるとコツコツといういい音がしました。
窓際のテーブルの下にはセンヌキもついています。

ひと昔前の車両にはみんな付いていましたよね。
残念ながら扇風機にはJR東日本のロゴが。
ここは国鉄のままにして欲しかった・・・

洗面所はタイル貼りです。

使用はできなくなてるけど、お湯と水はボタン式になっていました。

今回は止まっている車両への試乗でしたので、次はぜひ動いている時に乗ってみたいものです。

次回はその他の車両などをレポートします。

ふれあい鉄道フェスティバルまとめ
尾久で開催された鉄道イベントに行ってきた ふれあい鉄道フェスティバル その1
DD51、EF65、EF81レポート ふれあい鉄道フェスティバル その2
憧れの旧型客車に試乗してみた ふれあい鉄道フェスティバル その3←今ここ
E655系なごみ(和)などのレポート ふれあい鉄道フェスティバル その4

写真はNikon D40x+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録