岩切ー利府間の利府支線に乗車して東北本線を完乗する 春の青春18きっぷの旅 陸羽西線陸羽東線編 その3

スポンサーリンク

春の青春18きっぷを使ってこれまで未乗区間だった陸羽西線と陸羽東線に乗車して宮城県の小牛田駅にやってきました。
ここからは東北本線を南下して東京へと戻ろうと思います。
しかし!
小牛田駅の石巻線ホームにはキハ48の2両編成が出発を待っていました。

乗りたい・・・
でもこの日のスケジュールを考えると後で大変なことになりそうなので、乗車は断念。
まだキハ48が運用されているうちに石巻線に乗りに来ようと思います。

12:57、小牛田発仙台行き東北本線普通列車に乗車。
松島ー塩釜間では進行方向左側に太平洋を望むことができます。

これで1日の内に日本海と太平洋という日本の東西の海を見ることができました。
景勝地である松島は仙石線の松島海岸駅で下車すると便利ですが、東北本線の松島駅はかなり遠くになってしまうので観光する際には注意が必要ですよ。

13:34、岩切着。

ここでちょっと寄り道をしてきます。
東北本線は戸籍上は東京ー盛岡と八戸ー青森でありますが、東京近郊に細かい支線と岩切ー利府間にも支線があります。
この利府支線の4.2kmが未乗区間として残っていたので、この際に乗車しておきたいと思ったのです。
実はこの利府支線はかつての本線であったのですが、勾配の緩やかな現在の東北本線が開通したことで、利府から先が廃止され、岩切ー利府間が支線として残ったという歴史があります。
しかし、取り残された盲腸線と言えども僕が乗車した時はたくさんの乗客で賑わっていました。

13:39、岩切発利府行き普通列車に乗車。
進行方向左側には東北新幹線の車庫が広がり、車窓はなかなか楽しいものでしたよ。
13:46、利府着。

たったの7分の乗車ですが、最新の新幹線を見つつ東北本線の歴史を振り返りながら感慨深い時間になりました。

14:00、利府発岩切行き普通列車に乗車。
14:06、岩切着。

ここからは東北本線の南下に戻ります。

14:13、岩切発仙台行き普通列車に乗車。
14:24、仙台着。

14:29、仙台発福島行き普通列車に乗車。
福島駅の手前の貝田ー藤田間は僕が大好きな車窓です。
盆地を一気に駆け下りていき、山中から市街地へと変化していく風景がダイナミックなのです。

15:50、福島着。

16:28、福島発黒磯行き普通列車に乗車。
この列車は先ほどの仙台発福島行きと同じ車両で、一旦下車しなくてもそのまま乗車していられます。
従って、福島駅で長時間停車する仙台発黒磯行きと考えてもよさそうです。
しかもセミクロスシートの車両だったので、仙台から黒磯まで実に快適に車窓を眺めることができましたよ。

途中の白河駅ではホームの向こうに小峰城も見えます。

18:32、黒磯着。

18:32、黒磯発宇都宮行き普通列車に乗車。
19:27、宇都宮着。

宇都宮に来たら餃子を食べに行くというのが儀式でもあるのですが、途中下車したら東京に戻る時間が遅くなるので今回はパスです。

19:40、宇都宮発上野行き普通列車に乗車。
21:12、上野着。

新宿を前夜の23:10に出発してから22時間に渡る旅が終わりました。
今回の旅の収穫としては、未乗区間だった陸羽西線、陸羽東線、そして東北本線の利府支線に乗ることができたことです。
JR全線完乗まではまだまだ長い道のりが残っているものの、こうやって少しずつクリアされていくのは実に気持ちのいいものです。
天気がよければもっといい景色が見られたのでしょうが、春の雪になったのも運がよかったと言えばよかったとも考えられるでしょう。

さて、21:12に上野駅に着いたと先ほど書きましたが、この時間帯でピンとくる人はなかなかコアな鉄道ファンではないでしょうか。
そう、上野駅13番線ホームから寝台特急あけぼのが発車する21:15の直前なのです。
というわけで、旅の最後にあけぼのの出発をお見送りしてきました。

はあー、また乗りたいなあ。

春の青春18きっぷの旅レポートはまだまだ続きます!

春の青春18きっぷの旅 陸羽西線陸羽東線編まとめ
183系ムーンライトえちごを下車して日本海沿いを北上する 春の青春18きっぷの旅 陸羽西線陸羽東線編 その1
陸羽西線と陸羽東線で山形県を横断する 春の青春18きっぷの旅 陸羽西線陸羽東線編 その2
岩切ー利府間の利府支線に乗車して東北本線を完乗する 春の青春18きっぷの旅 陸羽西線陸羽東線編 その3←今ここ

写真はNikon D40x+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

その他の旅の記事はこちらからどうぞ!
旅の全記録

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録