豊島区南池袋3丁目 ポキリと折れた井戸ポンプ

スポンサーリンク

先日豊島区南池袋3丁目で東京路地裏散歩をしてきました。
池袋駅から徒歩15分程という地域なのですが、繁華街からちょっと離れただけで低層の住宅が密集する町となりました。
木造家屋がまだ残っているものの、新しい3階建ての家もたくさん建ち始めていたり、空き地がちらほらとあったりして、これからどんどん町の表情が変わってきつつあるとも見えました。
そんな南池袋3丁目の路地裏で井戸ポンプを発見しました。

植物の隙間から錆びついたポンプが見えます。
近づいてみると、土台部分がすっかりなくなっており、何とも不恰好にも見えます。

さらに残念なことに、柄の部分がポキリと折れていました。

そう、この井戸は既に使われなくなっている遺構と言ってもいいものだったのです。
現役の井戸ポンプを見つけると小躍りしたくなるほどうれしいのですが、このような廃井戸だとうれしいのはもちろんなのですが、物悲しさの方が強くなってしまいます。
日没直前という時間帯もあってさらにいっそう哀しい気持ちになってしまいました。

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録