行田のフライとゼリーフライにノックアウトされる 行田フライツアー その3

スポンサーリンク

1月6日。
和男さん、いみなしおさん、無職さん、そして僕の4人で行った行田フライツアーのレポートです。
前回までに2軒のお店でフライ及びゼリーフライを食べましたが、いよいよ3軒目に突入していきます。
その前に、移動中に前方の踏切を秩父鉄道が通過していきました。

このツアーは車での移動だったのでいつものような鉄分がなかったことから、ちょっと駅にも寄ってみることに。

東行田駅です。
前回出てきたかどやはこの駅のすぐ近くにありました。
せっかく駅まで来たので列車もちょっとだけ撮影しておきましょう。

さて、鉄分を少し補給したところでフライツアーに復帰することにしましょう。
3軒目のお店はこちらのまちこ庵です。

若い夫婦が切り盛りしている新しいお店でした。
出てきたフライとゼリーフライがこれ。

見た目は各お店によってちょっとずつ違いましたが、味はそんなに変わらないような・・・
繰り返しますが、美味しいんですよ。
でもさすがに3軒目のフライとなると胃への負担度合いが大きく、さすがに苦しくなってきます。
なんとか完食はしたものの、全員ここでギブアップ。
4軒目に行こうとは誰も口に出しませんでした。
というわけで、フライとゼリーフライはもう十分ということで行田の観光もすることにしました。
まずは忍城へ。

行田の町を一望できる展望台もありますよ。
次に訪れたのはさいたま水族館
淡水魚がたくさん展示されているという話だったのですが、この日の営業時間は16:30まで。
ぎりぎり入館に間に合いませんでした。
でもすぐ目の前にある池の向こうに沈むきれいな夕日を見ることができたのでよしとしましょう。

吉見百穴にも行こうという話が出たものの、日没がもう近いということでここから東北道で東京へと戻ることにしました。
東京に戻ってから打ち上げとして飲みに行ったのですが、さすがに昼間のフライとゼリーフライのダメージが皆大きかったのか、食べ物をほとんど頼むことがなかったのは追記しておきましょう。

またこのメンバーで面白スポットを訪れる予定です。
さて、どこへ行くことになることやら。

行田フライツアーまとめ
埼玉県行田市名物フライを食べに行こう 行田フライツアー その1
行田のもうひとつの名物、ゼリーフライを食す 行田フライツアー その2
行田のフライとゼリーフライにノックアウトされる 行田フライツアー その3←今ここ

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録