普段一般の人は立ち入ることができない東京銘木協同組合に潜入してみた 『江東湾岸MY博覧会「木材市場に特別入場!木の街・新木場体感ウォーク」』 その1 #wanganarea

スポンサーリンク

ブログスカウトの招待で江東湾岸MY博覧会の「木材市場に特別入場!木の街・新木場体感ウォーク」というイベントに参加してきました。

150209木の街・新木場体感ウォーク

まずは江東湾岸MY博覧会とは何かというお話から始めましょう。
江東湾岸MY博覧会は東京湾岸エリア(江東区部分及びその周辺)における観光回遊エリア創造プロジェクト事務局が主催するイベントで、巨大建造物や、物流の拠点、木材市場などの見学ツアーを企画しています。
楽しみ方のキーワードは「フォト」&「シェア」ということで、僕が普段やっているフォトウォークに近いものがありますね。
例えばどんな見学ツアーがあるのかと言いますと、「圧巻のスケール!巨大構造物鑑賞&撮影ツアー」「東京港の達人がご案内!東京みなと館見学と港湾インフラ鑑賞」「特別公開!ゆりかもめ新交通車両基地見学ツアー」などなどです。
どれも魅力的なタイトルがついてますよね(ゆりかもめの基地見学は申し込みしようとしたら既に定員に達していました)。
そんな江東湾岸MY博覧会の「木材市場に特別入場!木の街・新木場体感ウォーク」のお話に入って行くことにしましょう。

「木材市場に特別入場!木の街・新木場体感ウォーク」では3つのポイントの見学をしました。

1.東京銘木協同組合
2.梶本銘木店
3.木材・合板博物館

以上の3ヶ所です。
このブログでのレポートは全3回でこれらの場所を紹介していきます。
今回は東京銘木協同組合についてです。

集合は新木場駅前でした。
駅前には「木のまち新木場」というモニュメントもあります。

150209木の街・新木場体感ウォーク

Sponsored Link

実は新木場駅で下車したのは初めてのことで、いきなりこんな風に「木」がフューチャーされているとは思いもしませんでした。
また、こんなオブジェも駅前にあります。

150209木の街・新木場体感ウォーク

駅からしばらく歩いたところに東京銘木協同組合があります。

150209木の街・新木場体感ウォーク

こちらは一般の人は普段入ることはできない場所で、組合員に向けての銘木の販売をしている場所です。
そこを特別に見学させてもらえることになりました。

建物の中にはずらりと木が並んでいます。

150209木の街・新木場体感ウォーク

家や家具などになる前の段階の木です。
しかも、僕が想像していた以上に柱となる木の種類がたくさんあるのですよ。

150209木の街・新木場体感ウォーク

そう言われてみると、古い家の床柱の色や形って、それぞれの家で違いますよね。
むしろどれひとつ同じものがないと言ってもいいでしょう。
そんな柱が並んでいる様子は圧巻です。

150209木の街・新木場体感ウォーク

150209木の街・新木場体感ウォーク

こんなゴツゴツした木もあるのですね。

150209木の街・新木場体感ウォーク

板の種類も豊富です。

150209木の街・新木場体感ウォーク

こちらは屋久杉ですね。

150209木の街・新木場体感ウォーク

日光東照宮で用いられる杉材も置かれていました。

150209木の街・新木場体感ウォーク

これは秋田の杉板ですね。

150209木の街・新木場体感ウォーク

倉庫内はとにかく木がたくさんあるので、辺りは木の匂いが充満しています。
普段木造家屋に住んではいるけど、こういう匂いはなくなってしまっているのですごく新鮮な空間でした。

150209木の街・新木場体感ウォーク

150209木の街・新木場体感ウォーク

次は建物内に置かれていた道具類を見てみましょう。
木材は重たいものなので、移動させるにはクレーンが使われます。

150209木の街・新木場体感ウォーク

そのクレーンの操作盤。

150209木の街・新木場体感ウォーク

右左というのは見ている人の位置によって変わってしまうので、建物の東西南北ということで表記されています。

木槌もごついです。

150209木の街・新木場体感ウォーク

のこぎりももちろんあります。

150209木の街・新木場体感ウォーク

子供の頃は何度やってもまっすぐ切ることができなかった記憶があります。

木材を固定するひも類。
150209木の街・新木場体感ウォーク

150209木の街・新木場体感ウォーク

これは何て名前なんだろう?

150209木の街・新木場体感ウォーク

どんな用途に使うのかよくわからかったけど、印象的な道具でした。
こんな感じで東京銘木協同組合の建物内部を見学させてもらいました。

150209木の街・新木場体感ウォーク

普段立ち入ることができない木材市場の中に潜入させてもらえるなんて貴重な体験ですよね。
もしかしたら僕の人生の中で一生に一度のことだったかもしれません。
そう考えるとこの江東湾岸MY博覧会はものすごい企画なんだってことが実感できました。

次回は梶本銘木店の見学のお話になります。
続く。

江東湾岸MY博覧会についての詳細はフェイスブックページをご覧になってください。
「江東湾岸MY博覧会」Facebookページ

普段一般の人は立ち入ることができない東京銘木協同組合に潜入してみた 『江東湾岸MY博覧会「木材市場に特別入場!木の街・新木場体感ウォーク」』 その1 #wanganarea←今ここ
梶本銘木店の展示場で屋久杉などの様々な木材を見学してみた 『江東湾岸MY博覧会「木材市場に特別入場!木の街・新木場体感ウォーク」』 その2 #wanganarea
木材・合板博物館のベニヤレースで丸太がかつらむきされる様子は必見! 『江東湾岸MY博覧会「木材市場に特別入場!木の街・新木場体感ウォーク」』 その3(最終回) #wanganarea

写真はNikon D610+Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED フルサイズ対応で撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録