新橋にある「DINING さっちも」の炙り牛すじ丼が絶品だった!目の前で牛すじを炙る様子も必見ですよ #地域ブログ

スポンサーリンク

新橋から浜松町にかけて夜ご飯を食べるところを探しながら歩いていたら、美味しそうなメニューを出しているところがありました。
それがこの炙り牛すじ丼です。

さっちもの炙り牛すじ丼

DINING さっちも

ここは「さっちも」という居酒屋です。
お店を見つけたのは本当に偶然で、何となくこの入口に惹かれたのですよ。

さっちもの炙り牛すじ丼

Sponsored Link

工場のような入口ですが、れっきとした居酒屋さんです。
ドアも頑丈そうです。

さっちもの炙り牛すじ丼

もしかしたら以前工場だったところをリノベーションしたのかもしれません(お店の方に確認はしていないので正確なところは不明)。
店内はカウンター席がメインで、テーブル席がいくつかあるという配置でした。
外観とは異なり内装はとてもおしゃれな感じに仕上がっています。

DINING さっちものメニュー

さっちもの炙り牛すじ丼

今回は夜にお店に入りました。
ドリンクは飲まずに食事だけが目的です。
ただし、その場合にも一人300円のチャージ料が発生します。
夜はチャージがかかるけど、お昼はチャージなしのようです。
さてさて、このメニューを見て大いに気になったのが炙り牛すじ丼です。
迷うことなく注文してみました。

これが炙り牛すじ丼!

注文を受けるとカウンター内で調理が始まりました。
牛すじをバーナーで豪快で炙る様子はなかなか圧巻でしたよ。
しばらくして出てきたのがこちら。

さっちもの炙り牛すじ丼

牛すじ、ネギ、生卵、紅しょうががバランス良く配置されていてとても美味しそうな見た目です。
それではいただきましょう。

さっちもの炙り牛すじ丼

せっかくの丼なので具材は混ぜて食べて方がいいですよね。
一度に口の中に入るものは多ければ多いほうが楽しいです。
牛すじは予想していたよりも柔らかく、ネギのシャキシャキ缶、そして卵のマイルド感と、様々な食感が口の中で踊っていました。
これ、ものすごく美味しいです。
撮影する以外はもう一心不乱に食べまくりましたよ。
これでお値段は750円です。
さらにディナータイムのチャージ料が300円かかるので合計は1050円ですね。
お酒を飲みながらゆっくり色々なメニューを食べるというのが本来のスタイルなのでしょうが、この一品だけでも十分満足しました。
ランチタイムの営業もあるようなので、ぜひまた食事をしてみたいお店です。

DINING さっちも

さっちもの炙り牛すじ丼

東京都港区新橋5-12-9 ABCビル1F
03-6721-5072
ランチタイム 11:30-14:00
ディナータイム 17:00-24:00
定休日 日曜・祝日
DINING さっちも

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録