【タイ情報】タイのバンコクにあるワット・パクナム その美しすぎる天井画は必見! #AmazingThailand #LoveThailand

スポンサーリンク

タイのバンコクで一番行きたいと思っていた場所がワット・パクナムでした。
美しい天井画があるとは聞いていたのですが、実際に目にしてみたらその存在感に完全に圧倒させられました。

ワット・パクナムへの行き方

最寄り駅はBTSウタカート駅(Wutthakat)です。
そこからタクシーに乗るのか一番楽だと思います。
しかし、僕はウタカート駅から徒歩で行ってみることにしました。

歩いたとしても20分ちょっとなのですよ。
まずはウタカート駅からスタートです。

Thailand 23.8.2017

Sponsored Link

駅を出て水路があって、ここを船も通っていました。

Thailand 23.8.2017

ワットパクナムのすぐ近くにはワット・クンチャンがあります。
そこには船着き場があったので、もしかしたらこのウタカート駅の近くから船に乗るという手段もあるかもしれません。

徒歩での話に戻りましょう。
グーグルマップに従って歩いていくとかなりローカルなところを進むことになります。

Thailand 23.8.2017

結構不安になるような細い道を歩きますが、地図に従って歩けば大丈夫です。
途中、橋の両側にいる番人のようなネコ2匹にもあったりして楽しく歩くことができました。

Thailand 23.8.2017

そしていよいよワット・パクナムに到着です。

Thailand 23.8.2017

Maha Ratcha Mongkol Great Pagoda

ワット・パクナムは実はかなり広い敷地があるお寺です。
僕が見てみたい天井画はどこにあるのかとキョロキョロしていたら一人のおじさんが近づいてきました。
そしてポスターを指差して「ここに行きたいのか?」とタイ語で話しているような雰囲気を醸し出しました
そのポスターがこちら。

Thailand 23.8.2017

そうそう!確かにここに行きたいのです。
おじさんは身振り手振りで行き方を教えてくれました。
どうやらMaha Ratcha Mongkol Great Pagodaが目的の場所ということらしいです。
日本語で言うとワット・パクナム大仏塔だそうですよ。
こちらがそのワット・パクナム大仏塔です。

Thailand 23.8.2017

高さは80mもあるということで、実は駅から歩いてくる途中でもほぼこの白亜の塔は見えていました。

Thailand 23.8.2017

このあたりは周囲に高い建物がほとんどないのでものすごく目立っていましたね。
まさかここが自分が行きたい場所であるとは思っていませんでしたが。

1階から4階までは博物館など

まずは塔の1階に入ってみましょう。

Thailand 23.8.2017

タイの古い道具などが展示されている博物館となっていました。
2階以上に上がるには、この博物館からいったん出てこちらの階段を上らなくてはいけません。

Thailand 23.8.2017

土足厳禁なので、靴は階段の横にある靴置きに入れてください。

Thailand 23.8.2017

塔の2階から4階は博物館や儀式の部屋などがありますが、ざっと見る程度でいいかと思います。

ワット・パクナムは5階のプッタクナーロム室を見るべし

そしていよいよ5階に到着です。
こここそがワット・パクナムにおいて絶対に見ておきたい天井画がある部屋なのですよ。
この世のものとは思えない世界が広がっています。

Thailand 23.8.2017

カラフルで圧倒的な天井画を見ると思わず「おお」って声が出ちゃうくらいです。
今までネット上で写真は見ていましたが、実際に目の前にするとこの存在感はたまりません。
青、緑、赤の組み合わせがビビットで、現実感がまるでありません。

Thailand 23.8.2017

Thailand 23.8.2017

天井ということで離れたところからこの絵を見るわけですけど書き込みはものすごく細かいです。

Thailand 23.8.2017

だからこそ圧倒的なパワーを感じるのでしょう。
特に天井の中央部分には引き込まれていきそうです。

Thailand 23.8.2017

台座部分の蓮の花が光っているのもポイントです。

Thailand 23.8.2017

塔の前でしばし座ってみるのもお勧めですよ。

Thailand 23.8.2017

5階部分にはテラスもあり

素晴らしい天井画を見た後は同じ5階部分にあるテラスにも出てみましょう。
高いところから見る眺めはなかなか素晴らしいですよ。

Thailand 23.8.2017

Thailand 23.8.2017

川の対岸に見えるのはワット・クンチャンです。

まとめ

僕がこのワット・パクナムに行ったのは平日のお昼時でした。
観光客らしき人は僕以外いませんでしたね。
タイの方らしき人を何組か見かけたくらいです。
これだけ美しい場所なのできっと土日はたくさんの人が訪れるのだと思います。
タイミングが合えば平日昼間に行くとゆっくりと見られるかもしれませんよ。

ワット・パクナム Wat Paknam
Watpaknam Bhasicharoen Bangkok 10160 Thailand
0-2467-0811
8:00-18:00
無休
拝観料:無料
Watpaknam.bkk

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録