茨城県石岡市の「喫茶店 四季」 昭和初期の看板建築は登録文化財になっています

スポンサーリンク

茨城県の石岡市で11の登録文化財を巡る散歩をしてきました。
茨城県石岡で11の登録文化財を眺めながら散歩しよう!みごとな看板建築がたくさん残っていますよ

この11の建物は現役の商店などばかりなので、今なおその内部も見ることができます。今回はそのうちの一つである喫茶店の四季を紹介します。

喫茶店 四季

11の登録文化財の中には和風の商店建築もありますが、そのほとんどが昭和初期に建てられた看板建築です。喫茶店 四季は昭和5年頃に建てられたものだそうです。あまりにもみごとな看板建築なので思わず「おー」と声が出てしまったくらいです。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県石岡ぶらり散歩

Sponsored Link

貸店舗として2店入ることができるようになっていますが、今では四季だけのようですね。左側の方はカーテンがしっかりと閉じられていました。それにしても、実際には木造家屋ではありますが、看板建築部分の荘厳さは本当に立派です。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県石岡ぶらり散歩

以前はこの左手にも建物があったのでしょうね。それだとこの木造部分が隠れます。反対の角度から見てみましょう。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県石岡ぶらり散歩

こちらはトタンで隠されている部分もありますが、上部は石造りです。平屋の建物があったので上の方にはしっかり造形を施したのですかね。いずれにしても、正面から見ればギリシャ建築のように見えます。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県石岡ぶらり散歩

四季の店内

それでは店内に入りましょうかね。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県石岡ぶらり散歩

ドアのところにかかっている営業中の小さな案内がかわいらしいです。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県石岡ぶらり散歩

店内はいかにも昭和の喫茶店といった風情がありました。おしゃれなカフェ風ではなく、一般家庭のような食器類の配置が何となく親近感があります。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県石岡ぶらり散歩

入口あたりに吊るしてあった風鈴が年季を感じさせます。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県石岡ぶらり散歩

テーブルとソファも喫茶店のイメージそのもののものでした。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県石岡ぶらり散歩

お店はおばあさんが一人で切り盛りしていました。

四季のコーヒー

お店の中に入った時に「コーヒーしかありませんがいいですか?」と聞かれましたので、この日のメニューはコーヒーのみです。他の日、別の時間帯はもしかしたら別のものもあるかもしれません。僕が訪れたのは平日の午後です。

しばらくしてコーヒーが出てきました。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県石岡ぶらり散歩

何というか、苦味があってこの空間にふさわしいコーヒーでしたね。お店の方が色々お話してくれるので、登録文化財に住む苦労(二階が住居になっています)や、石岡の町について、四季の歴史についてなどなどのお話です。こういう喫茶店がまだ残ってるということに驚きと嬉しさを感じますよ。

まとめ

茨城県石岡市にある喫茶店 四季に行ってきました。みごとな木造看板建築もさることながら、お店の方のお話も楽しいです。昔ながらの喫茶店の風情がしっかり残っていて、どこか懐かしい気持ちになりますよ。石岡散策の際はぜひ立ち寄りたい喫茶店です。

喫茶店 四季
茨城県石岡市国府3-3-24

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録