菜の花と桜が美しいいすみ鉄道に乗車する 春の青春18きっぷの旅 いすみ鉄道530編 その1

スポンサーリンク

4月3日。
青春18きっぷを握り締め、早朝の東京駅に僕はいました。
横須賀線と総武線のための地下ホームは地上とは異なりなんとなく薄暗く、陰気な雰囲気もするのであまり好きではないのですが、ここが今回の旅のスタート地点となります。
5:21、東京発千葉行き総武線快速列車に乗車。
6:00、千葉着。

6:25、千葉発上総一ノ宮行き外房線普通列車に乗車。
列車は113系。
千葉方面に来たならばやっぱりこれに乗らなきゃ始まりません。
7:17、上総一ノ宮着。

7:22、上総一ノ宮発安房鴨川行き普通列車に乗車。
7:40、大原着。

大原と聞いて、ピンと来る人はなかなかの鉄道ファンですよ。
そう、今日の旅の目的はいすみ鉄道です。
題して「春の青春18きっぷの旅 いすみ鉄道530編」です。
なぜ530という数字が付くのかは後回しにしまして、とりあえずいすみ鉄道の簡単な説明から
始めることにしましょう。

いすみ鉄道は千葉県の大原と上総中野を結ぶ非電化のローカル線で、国鉄時代は木原線と呼ばれていました。
国鉄時代は典型的な赤字路線だったので廃止が検討されていたのですが、昭和63年(1988年)に第3セクターのいすみ鉄道として生まれ変わることができました。
しかし、現在でも赤字に悩まされていることは変わらず、廃止の危機にある路線であります。
東京から鈍行だけでも2時間ちょっとの場所なのに、廃止と背中合わせの鉄道があるなんてなかなか想像できないことではないでしょうか。

それでは、いすみ鉄道に乗車したいと思います。
いすみ鉄道を利用するには車内で1日フリー乗車券を購入するのがお得です。
大人1000円で何度も乗り降りできてしまいます。
大原から上総中野までが片道700円なので、単純に往復するだけでも元が取れてしまうという大変お得な切符です。
1500円くらいにしてもいいのではないかと個人的には思うのですが、この切符でお客さんが来てくれるならば多少の損失は目をつぶろうということなのでしょうかね。

7:44、大原発上総中野行き列車に乗車。
いすみ鉄道の車両は黄色がベースとなったかわいらしい車両です。

最近ではムーミンと提携して、車両や駅などのあちこちにムーミンに登場するキャラクターを見ることができます。

ニョロニョロもいますよ。

この日は土曜日でしたが、通学の高校生で車内は満員。
どこのローカル線もそうですが、メインのお客さんは学生さんとお年寄りになりますね。
その中に混じって観光客もチラホラいました。
もちろん僕もその一人です。

春のいすみ鉄道と言えば沿線にたくさん植えられた菜の花です。
僕が訪れた日も車窓からは黄色い絨毯が広がり、思わずためいきが出ちゃいそうな光景が広がっていました。
さらに桜も7分咲きで、黄色とピンクの春らしい鮮やかな色彩が目に眩しいくらいでした。

乗車中に新田野駅付近の景色がきれいだと思ったので、7:58、新田野下車。
待合室のみの無人駅です。

次の列車まで1時間以上あるのでのんびり撮影したいと思います。
なんて思っていたら、駅横の踏切におばあさんが近づいてきたので、急いで撮影。

あ~、のどかだなあ。
次回に続く!

春の青春18きっぷの旅 いすみ鉄道530編まとめ
菜の花と桜が美しいいすみ鉄道に乗車する 春の青春18きっぷの旅 いすみ鉄道530編 その1←今ここ
いすみ鉄道新田野駅周辺で菜の花と列車を撮影する 春の青春18きっぷの旅 いすみ鉄道530編 その2
いすみ鉄道東総元駅のおみくじで大吉が出る 春の青春18きっぷの旅 いすみ鉄道530編 その3
いすみ鉄道東総元駅周辺で春の景色を撮影する 春の青春18きっぷの旅 いすみ鉄道530編 その4
撮影地のゴミをなくそう!530Clubの東総元駅ゴミ拾いイベントに参加する 春の青春18きっぷの旅 いすみ鉄道530編 その5

写真はNikon D40x+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

その他の旅の記事はこちらからどうぞ!
旅の全記録

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録