氷川渓谷の吊り橋と登計集落 氷川渓谷・愛宕山散策コース その3

スポンサーリンク

9月20日。
いよいよ氷川渓谷・愛宕山散策コースに入ることにします。
本格的な山登りではないけど、ゆる~く奥多摩の自然を楽しみたいと思います。
まずは日原川に架かる吊り橋、氷川小橋を渡ります。

河原では水遊びをしたり、持ってきたお弁当を食べている人たちがいっぱいいました。
そんな様子を不安定な吊り橋の上から眺めてきました。
次に多摩川に架かる登計橋という吊り橋を渡ります。

崖の上からこの橋を見てみると何ともワイルドなところに架かっているのがよくわかります。
この橋の上からは外国人の方々が川で泳いでいる様子が見えました。

9月20日はまだまだ暑い時期だったので川で泳ぐということも可能だったようです。
先程も書きましたがこの川は多摩川です。
東京都と神奈川県の境を流れて東京湾
に注がれるあの多摩川です。
上流はこんなに自然豊かなところにあるのですね。
この辺りまでが氷川渓谷の遊歩道の一部になります。
川沿いの道でも結構アップダウンがありなかなか歩きごたえがありました。
何より川の流れがすぐ近くにあるということが目と耳を楽しませてくれます。

この川沿いから離れると愛宕山の遊歩道に入りました。
9月だというのにまだアジサイのかわいらしい花が咲いていました。

周囲は一面緑なんだけど、時折このような花も見られるのが一服の清涼剤になりました。
遊歩道は森の中を突き進むコースなのですが、しばらくすると舗装道路となって集落が見えてきます。

ここが登計集落です。
崖沿いに民家が密集し、奥多摩での暮らしをすぐそこに垣間見ることができます。
家の周りには小さな畑があるところが多かったです。
その中ではキウイフルーツを栽培しているところもありました。

食べたい、ジュルル。
さらに草が密集したその隙間にヒガンバナの姿も。

まだまだ暑い一日でしたが、確実に秋の訪れを感じることができました。

登計集落を越えて舗装道路をぐんぐん上っていくと愛宕山山頂にある愛宕神社入口になります。
ここからまた山登りらしい雰囲気になってきますよ。
その話はまた次回。

氷川渓谷・愛宕山散策コースまとめ
ゆる~く奥多摩でハイキングをしてみようと思う 氷川渓谷・愛宕山散策コース その1
東京都水道局小河内線(水根貨物線)の跡を歩いてみた 氷川渓谷・愛宕山散策コース その2
氷川渓谷の吊り橋と登計集落 氷川渓谷・愛宕山散策コース その3←今ここ
愛宕山遊歩道からもえぎの湯へ 氷川渓谷・愛宕山散策コース その4

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録