冬の青空の下、伊豆へ行こうと思う 冬の青春18きっぷで行く修善寺の旅 その1

スポンサーリンク

1月9日。
空が真っ青に晴れ渡ったこの日、今シーズン最後の青春18きっぷの旅に出ることにしました。
行き先は伊豆の修善寺温泉。
東京駅から東海道本線で三島に出て、伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り換える予定です。
今回の旅は時間に縛られずに適当に来た列車に乗ろうという気ままな旅にしようと思ったので、普段の旅には欠かせない時刻表は家に置いてきてしまいました。
というわけで、東京駅を何時発の列車に乗ったのかすら覚えていません。
覚えているのは熱海行きだったということだけです。
途中小田原付近では富士山の姿をしっかりと拝むこともできました。

熱海で(たぶん)静岡行の普通列車に乗り換えて三島駅で下車。
JRの三島駅はこんな立派な社殿造りです。

三嶋大社をモチーフとしているのですが、今回は参拝はパス。
その隣の伊豆箱根鉄道駿豆線の三島駅へと向かいました。

こちらはJRの駅舎とは異なり、直線的で近代的なデザインの駅舎になっていました。
今回購入したのは駿豆線一日乗り放題乗車券『旅助(たびだすけ)』です。

駿豆線内が一日乗り降り自由となり、料金はおとな1000円です。
三島から修善寺まで単純に往復すると1000円なので、どこかで途中下車するのならばこのフリーきっぷがお得です。
このきっぷで改札口を通り、ホームへと向かいます。
ホームは8番線と9番線の2線がありました。

僕が行ったときはちょうど両方のホームに電車が入ったところだったので、なかなか賑わっているように見えました。
駅舎の外見は近代的ですが、裏から見ると昭和の雰囲気をまだまだ残しています。

さあ、そろそろ発車の時間が近づいてきました。

伊豆箱根鉄道駿豆線に初乗車になります。
その話はまた次回。

冬の青春18きっぷで行く修善寺の旅まとめ
冬の青空の下、伊豆へ行こうと思う 冬の青春18きっぷで行く修善寺の旅 その1←今ここ
富士山と伊豆箱根鉄道の写真を撮影する 冬の青春18きっぷで行く修善寺の旅 その2
伊豆箱根鉄道駿豆線を乗りつぶす 冬の青春18きっぷで行く修善寺の旅 その3
伊豆修善寺の日枝神社と修禅寺 冬の青春18きっぷで行く修善寺の旅 その4
修善寺川沿いの足湯に入る 冬の青春18きっぷで行く修善寺の旅 その5
修善寺温泉筥湯(はこゆ)で旅を終える 冬の青春18きっぷで行く修善寺の旅 その6

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録