「陽だまりの彼女」のロケ地と江ノ島のネコたち 冬の青春18きっぷの旅 湘南・江ノ島編 その6(最終回)

スポンサーリンク

1月7日。
江の島岩屋の洞窟を見てから今度は江ノ島を下山することになります。
舟で脱出することもできるようですが、あえて徒歩で行きます。
その途中ちょっと横道にそれてみると見晴台のようなところがありました。
そこには鍵がずらりとかけられています。

冬の青春18きっぷの旅 江ノ島散策 2014年1月7日

何だろうと思ってよく見ると、どうやらここは映画のロケ地だったようです。

冬の青春18きっぷの旅 江ノ島散策 2014年1月7日

陽だまりの彼女」という作品です。
僕は映画は見ていないけど原作である小説の方は読みました。

陽だまりの彼女 (新潮文庫)
越谷 オサム 新潮社 2011-05-28
売り上げランキング : 3993

by ヨメレバ

ここからどんどん下山していきます。
下山と言ってもまたアップダウンが連続するので結構きついです。

冬の青春18きっぷの旅 江ノ島散策 2014年1月7日

参道まで下りることができたらアイス最中でエネルギー補給をしました。

冬の青春18きっぷの旅 江ノ島散策 2014年1月7日

寒くてもアイスです(笑)
最後は観光ルートからちょっと外れたこんな路地に入って行きました。

冬の青春18きっぷの旅 江ノ島散策 2014年1月7日

この道を歩いていたらまたまたネコ発見。

冬の青春18きっぷの旅 江ノ島散策 2014年1月7日

なかなか貫禄があるネコですね。
祠の前でもネコ発見。

冬の青春18きっぷの旅 江ノ島散策 2014年1月7日

とあるカフェの前にもネコがいました。

冬の青春18きっぷの旅 江ノ島散策 2014年1月7日

きっと看板猫なのでしょう。
椅子の上に毛布を敷いてもらって、ちゃんと居場所を確保してもらっているようです。
通りがかる人の多くは写真撮影をしていました。
嫌がる素振りを見せずにこんな感じでずっとおとなしくしていました。

江ノ島からは江ノ電に乗って鎌倉駅へ。

冬の青春18きっぷの旅 江ノ島散策 2014年1月7日

鎌倉駅で乗車してきた列車をふと見てみたら行き先表示のところに門松が出ていました。
こういうちょっとしたことだけど「おおー」って思わせてくれる江ノ電はなかなかやりますね。

鎌倉駅からは横須賀線に乗って東京へと戻りました。

今回は青春18きっぷを使った距離自体は短かったのですが、ネコにたくさん会うことができたのでよしとしましょう。
というわけで「冬の青春18きっぷの旅 湘南・江ノ島編」のレポートは終了です。

冬の青春18きっぷの旅 湘南・江ノ島編
東海道本線根府川駅のホームから広い広い太平洋を望む 冬の青春18きっぷの旅 湘南・江ノ島編 その1
江ノ電江ノ島駅のゆるーい光景 冬の青春18きっぷの旅 湘南・江ノ島編 その2
江ノ島の階段登りの途中で出会ったネコと海を望むみごとな眺め 冬の青春18きっぷの旅 湘南・江ノ島編 その3
江ノ島で出会ったお気に入りの場所へと連れて行ってくる茶トラネコ 冬の青春18きっぷの旅 湘南・江ノ島編 その4
江ノ島から望む海と江の島岩屋探索 冬の青春18きっぷの旅 湘南・江ノ島編 その5
「陽だまりの彼女」のロケ地と江ノ島のネコたち 冬の青春18きっぷの旅 湘南・江ノ島編 その6(最終回)←今ここ

写真はNikon D7000+Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8Gで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録