茨城県常陸大子にあるdaigo cafeでいちごのdaigoパフェを食べてみた

スポンサーリンク

茨城県の水郡線常陸大子駅から徒歩で4分程のところにdaigo cafeがあります。大正5年に建てられた建物はタバコ屋や化粧品屋として使われ、最近になってdaigo cafeというカフェに生まれ変わりました。以前はランチを食べに行ったことがあります。
茨城県の常陸大子にあるdaigo cafeは美味しい料理と素晴らしい雰囲気な最高峰の古民家カフェだった! | とくとみぶろぐ

今回はカフェタイムに訪問してきましたのでレポートします。

daigo cafeのカフェタイム

以前ランチタイムに行ってみたらかなりの混雑度合いでした。そのピーク時を過ぎるとさすがのdaigo cafeといえども余裕で座ることができました。メニューを見てみたら、daigoパフェが美味しそうだったので注文してみることにしました。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子カフェ巡り

Sponsored Link

daigo cafeの店内

今回の訪問ではお客さんがあんまりいない時間帯だったのでじっくりと店内を見ることができました。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子カフェ巡り

この木で囲まれた空間が好きです。テーブルがひとつひとつ異なっているのも面白いですよね。お一人様席のようなものもありました。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子カフェ巡り

通りから見て奥側はこんな感じになっています。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子カフェ巡り

以前からここにあったものが展示されてるのでしょうかね。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子カフェ巡り

以前からあるものと言えば、このような温度計もありました。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子カフェ巡り

さすがに計測はできなくなっていますけどね。

daigo cafeのdaigoパフェ

しばらくして出てきたdaigoパフェがこちらです。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子カフェ巡り

見た目からして無茶苦茶美味しそうです。色合いも爽やかです。アイスクリームにいちごシロップの組み合わせがなかなかいいですね。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子カフェ巡り

それではいただきましょう。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子カフェ巡り

うん、やっぱり美味しい。いちごは大子産のものを使用しているので地産地消ですね。いちごのソースももちろん大子産です。甘さの中に酸味もしっかりあって大人も楽しめるパフェでした。単品だと720円で、ドリンクとセットだと1100円です。

daigo cafeの外観

最後にdaigo cafeの外観も見ていきましょう。いつ見ても惚れ惚れする木造建築です。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子カフェ巡り

入り口は通りに面している方ではなく路地側にあります。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子カフェ巡り

主屋の隣には蔵もあるので、こちらもお見逃しなく。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子カフェ巡り

まとめ

今回はdaigo cafeでいちごのdaigoパフェを食べてきました。和風の空間で食べる洋風のものもちょっとミスマッチではありますがいいですね。

daigo cafe(ダイゴカフェ)
茨城県久慈郡大子町大子688
0295-76-8755
11:00-18:00(ラストオーダー 17:00)
定休日 水曜日
daigo cafe

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録