茨城県の常陸大子にあるdaigo cafeは美味しい料理と素晴らしい雰囲気な最高峰の古民家カフェだった!

スポンサーリンク

茨城県久慈郡大子町の常陸大子の町をぶらぶらしてきました。
一番の目的はdaigo cafeというカフェを訪れることでした。
以前常陸大子に行った時には建物の外観だけを見て中に入らなかったので、先日念願かなってようやくカフェの中に入ることができました。

daigo cafeとは

daigo cafeは大正5年に建てられた建物に入っている古民家カフェです。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

Sponsored Link

この建物はかつてはタバコ屋や化粧品屋として使われていたそうです。
すぐ隣に蔵があるのも特長ですね。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

しばらく使われていなかったこの建物をオーナーが1年がかりで改装してカフェとしてオープンしたのが平成25年(2013年)のことです。
それ以来町の人にも観光客にも親しまれているそうですよ。

daigo cafeへの行き方

daigo cafeの最寄り駅は水郡線の常陸大子駅です。
駅からだと徒歩で徒歩で4分くらいです。

車で行く場合は専用の駐車場はないので大子町文化福祉会館「まいん」、駅前有料駐車場、大子町役場などを使ってくださいとのことでした。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

daigo cafeの店内

それではdaigo cafeに入ってみましょう。
入り口は通りに面している方ではなく路地の方にあるのが面白いです。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

この入り口を入ってすぐのところには化粧品屋だった頃の看板も展示されています。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

ピカピカに磨かれてきれいになっているのがいいですね。

客席を見てみると、テーブルや椅子がひとつひとつ異なっているのがわかります。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

全て築100年以上の建物の雰囲気に合っているのが素晴らしいです。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

天井からぶら下がっている電気が裸電球なのもいいですね。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

お客さんが自由に手にとって読むことができる本や雑誌も充実しています。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

また、来店者が記入できるらくがきノートも用意されていて、現在はvol.5になっていました。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

daigo cafeのメニュー

次に注文です。
今回はランチを食べに行ったのでフードメニューを見てみましょう。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

daigo cafeのお勧めは奥久慈生わさび丼だそうです。
地元で採れたわさびをふんだんに使ったものですが、僕はわさびが苦手なのでパス。
その代わり、奥久慈しゃも卵のふわとろっデミオムライスを注文しました。
サラダ付きで980円です。
フードを注文するとプラス250円でドリンクも付けられるとのことですので、ドリンクメニューも見てみましょう。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

日光珈琲も気になるところですが、大子ブレンドアイス珈琲にしてみました。

奥久慈しゃも卵のふわとろっデミオムライス

ドリンクの大子ブレンドアイス珈琲は食前にお願いしたので、オムライスよりも先に出してもらいました。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

雨が降って蒸し暑い日だったので深い味わいのあるアイスコーヒーはぴったりでしたね。

しばらくして奥久慈しゃも卵のふわとろっデミオムライスの登場です。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

立ち上る湯気がわかりますかね。
熱々の状態で出してもらえました。
ちょっと角度を変えて見てみましょう。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

オムライスってソースやケチャップが卵からちょっとはみ出すくらいにかかっていることが多いですが、daigo cafeの場合はお皿にいっぱいです。
これだけたっぷりのソースというのも珍しいですよね。
オムライスの卵部分は商品名通りふわとろっです。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

それではいただきます。

夏の青春18きっぷの旅 茨城県常陸大子編

実際に口にしてみるとたまごが本当にふわふわのとろとろです。
ソースのお肉も柔らかくて、全体的に口の中でとろけていきます。
うん、これは美味しい。
鮮やかな黄色の奥久慈しゃものたまごは新鮮なことがよくわかります。
デミグラスソースがこれだけ美味しいと、きっとカレーやハンバーグも美味しいだろうなと想像させられます。
daigo cafeのその他のメニューも食べてみたくなりました。

まとめ

茨城県の常陸大子にあるdaigo cafeに行ってきました。
築100年以上の建物の古民家カフェで、中の雰囲気も料理も美味しくてかなり満足度が高かったですよ。
リピートして通いたくなりますが、自宅からだと片道3時間はかかるのが難点です。
でもきっとまた再訪して奥久慈しゃも卵のふわとろっデミオムライス以外のものも食べてみたいと思います。
古民家カフェ好きにはたまらないお店ですので、最高レベルでお勧めですよ。
NHK Eテレの「ふるカフェ系 ハルさんの休日」という番組でも紹介されたことがあるのできっと気になっている方はいっぱいいると思います。
ぜひ実際に訪れてみてくださいね。

daigo cafe(ダイゴカフェ)
茨城県久慈郡大子町大子688
0295-76-8755
11:00-18:00(ラストオーダー 17:00)
定休日 水曜日
daigo cafe

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録