【タイ情報】クレット島にある食堂のTieow ingnamでランチ 青いドリンクとエビのチャーハンは南国気分にさせてくれた! #AmazingThailand #LoveThailand

スポンサーリンク

バンコクの中心街から約1時間で行くことのできる気軽な日帰り旅行先にクレット島(Ko Kret)があります。チャオプラヤー川に囲まれた中洲で、周囲が約7kmという小さな島です。市場、寺院、古い建物などがあるタイの人にとってちょっとノスタルジックな気持ちにさせる場所なのだそうですよ。僕もふらりと島に立ち寄って散策してきました。今回は島の中にあるTieow ingnamでのランチの様子を紹介します。

Tieow ingnam

クレット島の市場を歩いていると古い建物が並んでいることに気が付きます。その中にあって突如としておしゃれな雰囲気の入口がある建物が出てくるので結構びっくりします。この奥に今回訪れたTieow ingnamという食堂があります。

Thailand 20.8.2017

Sponsored Link

お店の中に入るとまずは建物内にテーブル席がずらりとあります。

Thailand 20.8.2017

さらに先に進んでくとチャオプラヤー川を眺めながら食事ができるテラス席があります。

Thailand 20.8.2017

今回は運良くこちら側のテーブルにつくことができました。チャオプラヤー川はきれいではなけれどもゆったりとした流れと広い空を眺めているだけで何となく優しい気持ちになることができます。

Thailand 20.8.2017

このテラス席の下には船着き場があって、ボートにすぐに乗れるようになっていました。

Thailand 20.8.2017

この食堂のボートなのか、それともお客さんがボートに乗ってやってきたのかは不明です。

Tieow ingnamのメニュー

メニューを見てみましょう。お店の外に大きな写真が掲示されています。

Thailand 20.8.2017

タイ語と英語での料理名の表記がされていますし、これだけはっきりとした写真があると日本人でもわかりやすいですね。お勧めの料理も紹介されています。

Thailand 20.8.2017

僕は青い色のドリンク(名前と料金は失念)とエビのチャーハン(80バーツ、約260円)を注文しました。

青いドリンク

まずはドリンクが出てきました。

Thailand 20.8.2017

見た目だけで南国気分を味わえます。これで青い空とビーチがあったら最高ですが、そこまで贅沢は言えません。これは確か甘めのソーダだったかな。美味しかったという記憶は残っています。

エビのチャーハン

次はメインのエビのチャーハンです。英語表記だとfried rice with prawnsでした。見た目では先程の青いドリンクとの相性はかなりいいです。

Thailand 20.8.2017

葉っぱのようなものの上に盛り付けられていたり、お花の飾り付けがあったりしてタイらしさはたっぷりと出ています。もしかしたらチャーハンの量は控えめかもしれませんが、クレット島では市場の屋台で色々買い食いしたくなるのでこれぐらいの量の方がちょうどいいかなと思いました。タイではチャーハンだったら間違いはないので、食堂での注文に困ったらチャーハンかパッタイかな(笑)

まとめ

クレット島には小さな食堂はいくつかあります。どこに入るか迷ってしまいますが、今回は勘に頼って入ったお店がまずまずの当たりでした。特にチャオプラヤー川の席に座れたのがラッキーでしたね。クレット島は小さな島なので、いくつかのお店を見比べて食べる場所を決めてもいいと思います。今回はTieow ingnamの紹介でした。

Tieow ingnam
085-333-7819。093-137-5791

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録