子供が生まれた内祝いに誕生時と同じ重さのお米を送ろう!北海道雪月花のななつぼしを実際に注文してみた! #育児

スポンサーリンク

子供が生まれて内祝いを関係各所に送りました。親族に対しては生まれたときの体重と同じ重さのお米を送りました。これ、個人的にはかなり面白いと思うのでレポートします。

子供の誕生時の体重は2676g

僕達の子供の生まれたときの体重は2676gでした。最初に抱き上げたときの感想は「軽い!」でしたが、生後2ヶ月を過ぎた今はずしりとくる重さになっています(笑)どれだけ軽かったのかを感じてもらうためにも体重と同じ重さのお米を送ることにしました。

Sponsored Link

北海道雪月花のあいさつ米

今回注文したのは楽天市場の北海道雪月花です。ここでは1g1円の単価での注文が可能です。ななつぼしの場合は1g1円で2500円からとなっており、2500g以下でも最低料金は2500円で、3500g以上でも最高料金は3500円となっています。なお、制作できる体重の上限は4300gです。ゆめぴりかの場合は1g1.2円の計算になります。ここでの価格表示は全て税抜きです。

その他、メッセージカード有無、袋のデザイン、赤ちゃんの写真をパッケージに使うかなどの細かい指定をすることが可能です。

実際に届いたものがこれ!

我が家の場合はいったん自宅に配送してもらいました。実際に届いた箱がこちらです。

内祝い

箱を開けてみると、左側に命名札、右側にお米とメッセージカードが入っています。

内祝い

念のためではありますが、ハリネズミは名前を隠していて、ネコは顔を隠しています。

写真付きのお米袋がいい!

今回は袋のデザインに赤ちゃんの顔写真付きのものを選びました。注文時に写真はアップロードするようになっています。

内祝い

5kg近い現在の体重に比べると2676gの軽いこと軽いこと。実際の今の赤ちゃんとお米を抱き比べてみると面白いですね。

内祝い

お米を手渡しできるところであるならば、赤ちゃんと一緒に渡しに行くといいでしょうね。

メッセージカードの内容は自由

今回のメッセージカードです。

内祝い

定型文も用意されていますが、自分たちで好きな文章にすることも可能です。

まとめ

この内祝いの品物は我ながらなかなかよかったのではないかと思います。ただ、食べるのがとてももったいなく感じてしまうという難点はありますけどね。これから内祝いを送ろうと考えている方はぜひ赤ちゃんの生まれたときの体重と同じ重さのお米を送るということも選択肢に入れてみてください。

北海道雪月花で注文しよう

注文はこちらからどうぞ。

 

 

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録