草津温泉の西の河原露天風呂と川原湯温泉散策 冬の青春18きっぷの旅ー男3人草津温泉紀行 その4

スポンサーリンク

冬の青春18きっぷを使って男3人で草津へとやってきました。
目的はもちろん温泉に入ること。
目指すは西の河原露天風呂です。
このお風呂へと向かう途中に草津穴守稲荷神社がありました。

この鳥居の連なりを見るとワクワクしてしまって、普段だったら絶対にお参りするところですが、ご覧のように階段部分は雪かきされていなかったので断念しました。
今度は雪のない時に行ってみようと思います。

その代わりと行ってはなんですが、道端の小さなお地蔵さんを拝んできました。

こんな雪深いところでも、しっかりと雪覆いがされているので顔を拝むことができました。

さて、いよいよ露天風呂になります。

入湯料は500円です。
この西の河原露天風呂の泉質は酸性塩化物硫酸塩泉ということで、少ししょっぱい感じがしました。
汗自体に塩っけがまざったようで、吹き出してくる汗が唇に付き、それを舐めるとしょっぱかったですよ。
お風呂は500平方メートルという広さの露天風呂!
とにかく広くて、周囲にある森を様々な角度から眺めることができます。
僕らが行ったのは冬なので、もちろん雪見風呂となりましたよ。
ただし、施設内は撮影禁止だったため写真はなしです。
でも、まるでプールのような広さの露天風呂が山の中にある様子は圧巻でしたよ。
詳細はこちらからどうぞ。
西の河原露天風呂

温泉でゆっくりした後、草津温泉バスターミナルからバスで長野原草津口駅へ。
そこからJR吾妻線に乗り換えです。
15:12、長野原草津口発高崎行普通列車に乗車。
15:19、川原湯温泉着。
ちょうど上下線の交換が行われていたので、それを見学。

115系の国鉄色の並びはやっぱり美しい。

その後は八ッ場ダムで揺れる川原湯温泉の町を散策。
廃業した旅館が中の荷物を運び出していたりしたものの、まだ営業している酒屋さん、床屋さん、旅館、お土産屋さんなどもありました。
寂しい雰囲気はあるものの、川原湯温泉はまだまだ元気です。

16:15、川原湯温泉発高崎行普通列車に乗車。
17:20、新前橋着。
駅前のコンビニで夜ご飯を調達して、17:47、新前橋発上野行普通列車に乗車。
残念ながらオールロングシート。
3人旅には不向きな車両ですが仕方がありません。
外は真っ暗で何も見えないし、もう帰るだけだし、これはこれでいいでしょう。
19:34、赤羽着。
埼京線で赤羽から池袋へ。
青春18きっぷを複数人で使用する時には全員が同一行程でなくなてはならないので、池袋で解散となりました。
温泉あり、川原湯温泉への大人の社会科見学ありで、非鉄の倉岡君とD君も楽しめたのではないかな。
濃い鉄道旅だけでなく、このような緩い鉄道旅もまた企画しようと思っています。

今回の乗車記録のまとめ。

上野→高崎 東北本線、高崎線
高崎→長野原草津口 上越線、吾妻線
長野原草津口→川原湯温泉 吾妻線
川原湯温泉→新前橋 吾妻線、上越線
新前橋→赤羽 上越線、高崎線、東北本線
赤羽→池袋 赤羽線

冬の青春18きっぷの旅ー男3人草津温泉紀行まとめ
上野駅中央改札に集まる怪しい男たち 冬の青春18きっぷの旅ー男3人草津温泉紀行 その1
草津温泉観光のスタートは湯畑から 冬の青春18きっぷの旅ー男3人草津温泉紀行 その2
草津での昼食は温泉まんじゅうとマイタケ天ぷらそば 冬の青春18きっぷの旅ー男3人草津温泉紀行 その3
草津温泉の西の河原露天風呂と川原湯温泉散策 冬の青春18きっぷの旅ー男3人草津温泉紀行 その4←今ここ

写真はNikon D40x+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

その他の旅の記事はこちらからどうぞ!
旅の全記録

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録