草津での昼食は温泉まんじゅうとマイタケ天ぷらそば 冬の青春18きっぷの旅ー男3人草津温泉紀行 その3

スポンサーリンク

学生時代からの友人の倉岡未來人君とD君を誘い、冬の青春18きっぷを使って草津へとやって来ました。
湯畑を見学した後、昼食を求めて町をぷらぷらしてみました。
積雪はおよそ50cm。
雪かきはしてあるものの、坂道は凍り付いていて滑ります。
東京に住んでいて雪に慣れていないとこういう場所を歩くのは結構大変でした。
上を見上げれば恐ろしいほどにつららがたくさんありましたしね。

何気なく歩いた道は飲食店やお土産屋さんなどがひしめいている通りで、あまりにたくさんお店があり過ぎて逆にどこに入るか迷ってしまいました。
お蕎麦にするか、牛にするか、それともラーメンにするか・・・
そんな風に3人でキョロキョロ歩いていると威勢のいいおじさんおばさんに捕まってしまい、温泉まんじゅうやさんへと引き込まれてしまいました。
でも無理やり買わせるのではなくて、試食用のおまんじゅうを1個ずつとぬるいお茶を出してくれましたよ。

こういうのをもらっちゃうと買わないのはとても気がひけるのですが、心を鬼にして「ごちそうさま」と言い残してお店を後にしました。
その後も試食をエサにしているお店がたくさんあったので、神経が図太い人だったら試食だけでお腹いっぱいになれるかもしれませんよ(笑)

結局迷いながら歩いているうちに繁華街は終わってしまい、ちょっと寂しい場所に出てしまいました。
後戻りもなんなので、その場所から見えた草津温泉 そばきちというおそば屋さんにはいることに。
注文したのは3人ともマイタケ天ぷらそば。

これがまた美味しかった!
すっかり冷え切った体に温かなお蕎麦と汁。
体の芯からポカポカに温まったことを実感できました。
ちなみに僕らが入ったのは西の河原店です。
そう、このすぐ近くには西の河原露天風呂があるのです。
そこが今回の最大の目的地になります。

入り口看板の上に積もった雪を見ると、どれだけすごい積雪かわかりますよね。
ところで、なぜここが西の河原と名づけられているかといいますと、この河原のあちこちにまるで地獄のような池がたくさんあるのですよ。

そう、賽の河原のような風景ですね。
草津の温泉街の西にあるから西の河原と名づけられたのでしょうかね。
雪景色の中、河原に転がる石の間に湧き出している温泉はこの世のものとは思えない異様さがありましたよ。

次回はいよいよ西の河原露天風呂に入ります!

冬の青春18きっぷの旅ー男3人草津温泉紀行まとめ
上野駅中央改札に集まる怪しい男たち 冬の青春18きっぷの旅ー男3人草津温泉紀行 その1
草津温泉観光のスタートは湯畑から 冬の青春18きっぷの旅ー男3人草津温泉紀行 その2
草津での昼食は温泉まんじゅうとマイタケ天ぷらそば 冬の青春18きっぷの旅ー男3人草津温泉紀行 その3←今ここ
草津温泉の西の河原露天風呂と川原湯温泉散策 冬の青春18きっぷの旅ー男3人草津温泉紀行 その4

写真はNikon D40x+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

その他の旅の記事はこちらからどうぞ!
旅の全記録

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録