小原宿本陣で歴史的遺産に触れる 高尾山から相模湖へ その6

スポンサーリンク

11月13日。
高尾山、小仏城山と山を越えて相模湖の里へと下りてきました。
町に入って最初に目に入ってくるのがこちらの立派な門です。

ここは小原宿本陣屋敷跡です。
今の相模湖の町のはずれには甲州街道の第9の宿場町である小原宿がありました。
ここには大名が宿泊する本陣の建物がまだ残されているのです。
見学は無料なのでさっそく中に入ってみることにしましょう。

おそらくかつては茅葺きだったのでしょうが、今でも威風堂々とした屋根は健在です。
玄関も実に立派なもので、ここに籠で乗り付けてみたいものです。

建物の中にも入ることができます。

大名が宿泊する部屋、台所、厠などが1階にあります。

思わず雑巾がけしたくなるような長い廊下もありました。

和室からは庭園を眺めることもできました。
紅葉の時期の庭園もいいですよね。
この庭園には築山と池がありますが、池に水は張られていませんでした。

江戸時代のものではないけれども、こんな電話機も展示されていました。

また、こんなギャグのような展示も、

ギャートルズ愛用って・・・

この本陣の2階では蚕を飼育し、機織りの作業もしていたようです。
薄暗い2階に上がると戸の隙間からわずかに光が差し込んでいました。

現代的なカラフルな衣装を見に纏ったたくさんの高尾山の登山客を見た後にこのような歴史的遺産に触れると時間感覚が大きく崩されるようでした。
建物内に残された大きな柱時計の時も止まっており、さらにその感覚が揺さぶられたものです。

次回、このコースの最終章、相模湖へと向かいます。

高尾山から相模湖へまとめ
紅葉の高尾山に行ってみることにした 高尾山から相模湖へ その1
高尾山の紅葉を楽しみながら歩く 高尾山から相模湖へ その2
もみじ台の細田屋でなめこ汁を頂く 高尾山から相模湖へ その3
小仏城山で猫と戯れる 高尾山から相模湖へ その4
小仏峠近くの廃墟と化した茶屋を通る 高尾山から相模湖へ その5
小原宿本陣で歴史的遺産に触れる 高尾山から相模湖へ その6←今ここ
ゴール地点のうら寂れた相模湖へ 高尾山から相模湖へ その7

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影し、SILKYPIX Developer Studio PROで現像しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録