ゴール地点のうら寂れた相模湖へ 高尾山から相模湖へ その7

スポンサーリンク

11月13日。
小原宿本陣からは相模湖へ向かいます。
紅葉の木々の向こうに見えてきたのが相模ダムです。

その前に、写真右下になにやら作業をしているらしき人々の姿があるではありませんか。

こんな斜めの場所でまさに命がけの作業です!
作業員の方々の無事を祈りつつ、歩みを進めると、ついに相模湖へ。

靄がかかっているようで遠くまですっきりと見渡すことはできないものの、それが逆に幻想的な風景にもしてくれているようです。

湖畔に下りてみましょう。

相模湖周辺を歩いていたときにはほとんど人がいなかったのですが、ここにはたくさんの人がいました。
みんな車でここまで来るので、わざわざ僕らのように歩いて来るなんて人はいないのでしょうね。
しかし、これだけ人がいるのにも関わらず湖畔の飲食店やお土産屋さんは閑散としていました。

僕が小学生の頃、学校行事でよく相模湖ピクニックランドに来ていたのでこの相模湖は一大観光地なのだと思っていたのですが、そうではなくなってしまったようですね。
シャッターが閉まった営業しなくなったお店もたくさんあったし、寂しげな風景がそこにはありました。

対岸に祀られている神様はどんな気持ちでこの相模湖の状況を見ているのでしょうかね。

相模湖から歩いて数分で本日のゴール地点、中央本線の相模湖駅に到着。

高尾山口の駅から約6時間後のゴールとなりました。
コースタイムとしては5時間だったのですが、途中で色々見学したり、撮影したりしていたのでまあ標準タイム内で歩いこられたと考えてもいいでしょうね。

今回のコースは高低差がほとんどないコースでほとんど体力を消耗することなく歩き通すことができました。
やや物足りない気もしますが、高尾山の紅葉を楽しむこともできたので十分収穫があった登山だったと思います。

次回の登山は春になってからでしょう。
今度は秩父か、それとも大山か。
色々検討してみたいと思います。

高尾山から相模湖へまとめ
紅葉の高尾山に行ってみることにした 高尾山から相模湖へ その1
高尾山の紅葉を楽しみながら歩く 高尾山から相模湖へ その2
もみじ台の細田屋でなめこ汁を頂く 高尾山から相模湖へ その3
小仏城山で猫と戯れる 高尾山から相模湖へ その4
小仏峠近くの廃墟と化した茶屋を通る 高尾山から相模湖へ その5
小原宿本陣で歴史的遺産に触れる 高尾山から相模湖へ その6
ゴール地点のうら寂れた相模湖へ 高尾山から相模湖へ その7←今ここ

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影し、SILKYPIX Developer Studio PROで現像しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録