越生周辺で八高線と東武越生線を撮影する 越生の梅を見に行こう! その5

スポンサーリンク

2月17日。
越生梅林 梅まつりで梅を見るのはもちろんですが、鉄道撮影をするというのもこの日帰り旅行の目的でした。
まずは梅林から越生駅へと歩いて帰る途中で高崎方面からやってきた八高線をパチリ。

次に逆に高崎へ向かう八高線です。

イメージとしては長閑な里山風景を走る八高線だったのですが、全くそこから程遠いものになってしまいました。
やっぱり適当に歩いている途中で撮影するというのに無理がありますね。

この2つの撮影場所から越生駅へと向かうとゆうにこんな杉林がありました。

ここから木々の隙間に見える列車を撮るというのもありだったかもしれません。

越生駅から東武越生線に乗り換えて、川角駅で下車。
そこから歩いて数分のところにある鉄橋で越生線を撮影してみました。

越生線は僕の好きな白と青のラインの東武電車なので、撮影しがいがありました。
最後の写真の場所では、緑が眩しい季節にもう一度訪れてみたいと思いました。

越生では梅あり、井戸ポンプあり、鉄道撮影ありとなかなか充実した日帰りプチ旅を楽しむことができました。
機会があれば満開の梅を見たり、ミニSLの撮影もしてみたいです。
また、越生は井戸の町でもあったので、じっくりと井戸ポンプ探しをしてみるというのも個人的には楽しいことだと思います。

越生の梅を見に行こう!まとめ
木造駅舎の越生駅を撮影する 越生の梅を見に行こう! その1
越生の里山風景の中の梅 越生の梅を見に行こう! その2
越生梅まつりのまだ咲きほこらない梅の花を眺める 越生の梅を見に行こう! その3
越生梅林内で井戸ポンプを発見する 越生の梅を見に行こう! その4
越生周辺で八高線と東武越生線を撮影する 越生の梅を見に行こう! その5←今ここ

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVR及びNikon AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VRで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録