日本三奇橋のひとつである猿橋を見学する 青春18きっぷで行く夏の山梨日帰り旅行 その4

スポンサーリンク

8月16日。
桂川沿いの猿橋公園を抜けて、ついに猿橋に到着!

しかし不思議な造りの橋です。
岩場に何層かの気を組み上げて、その上に橋が乗っかっているのですよ。

これで壊れないのだから、こんな構造を考え出した人はすごい方だったのでしょうね。
橋の上に乗ってみましょう。

ここから見ると頑丈で立派な橋に見えます。
上に乗っても揺れることなく安心だなと思うのですが、下を見るとかなりクラクラくる高さがあります。

水面から橋までは31mあるそうです。
高台に上って上から猿橋を見てみます。

ここからは全く水面が見えません。
桂川の流れによって渓谷が作られて、川面は橋のもっと下になります。

先ほど猿橋の上から下を見た時に、向こう側にも橋のようなものがあったのに気がついたでしょうか。
それは八ツ沢発電所一号水路橋です。

水力発電で使用した水を流している水路橋だそうです。
明治42年から現役として働いている歴史を持つ橋です。
木造の猿橋もいいけど、このコンクリート製の端にも伝統を感じることができました。

ちょうどお昼時になったので、猿橋の目の前にあるお蕎麦屋さんで忠治そばを注文しました。


(Galaxy Note SC-05Dで撮影)

馬肉の竜田揚げが肉肉しくて美味しかったですよ。

次回は猿橋から大月へと移動します。

青春18きっぷで行く夏の山梨日帰り旅行まとめ
中央本線の115系電車で高尾から猿橋へ 青春18きっぷで行く夏の山梨日帰り旅行 その1
桂川沿いの国道20号線を歩いて猿橋へと向かう 青春18きっぷで行く夏の山梨日帰り旅行 その2
桂川沿いの猿橋公園を散策する 青春18きっぷで行く夏の山梨日帰り旅行 その3
日本三奇橋のひとつである猿橋を見学する 青春18きっぷで行く夏の山梨日帰り旅行 その4←今ここ
大月で富士急行線のフジサン特急を撮影する 青春18きっぷで行く夏の山梨日帰り旅行 その5
大月と藤野で中央本線の115系電車を撮影する 青春18きっぷで行く夏の山梨日帰り旅行 その6
旅の終わりにふじの温泉東尾垂の湯でゆっくり汗を流す 青春18きっぷで行く夏の山梨日帰り旅行 その7

写真はNikon D90+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録