上毛電鉄、両毛線、東北本線と乗り継いで旅が終わる 夏の青春18きっぷで行くぐんまワンデーパスの旅 その6

スポンサーリンク

9月7日。
青春18きっぷで上野から高崎へと来て、そこでぐんまワンデーパスに切り替えて上信電鉄と上毛電鉄の乗りつぶしの旅をしています。
上毛電鉄の大胡駅付近で赤城山をバックにした列車を撮影して、次に新屋駅へと移動しました。

1面1線の無人駅です。
大胡駅方面から列車に乗っていたらこの新屋駅の直前に田園地帯があったのでそこで撮影を試みることにします。
まずは広角で。

急いでズーム!

欲張って同じ列車で2カットの撮影をしてみました。
駅への帰り道に中央前橋行きの列車がやって来たので線路の近くでも撮影しました。

新屋駅からは再び上毛電鉄に乗って終点の西桐生駅へ。
この駅の駅舎が素晴らしいのは有名ですね。

これで上信電鉄に引き続き、上毛電鉄も乗り潰すことができました。

上毛電鉄の西桐生駅からJR両毛線の桐生駅に徒歩で移動。
小山方面行きのホームで列車を待っていたらちょうどわたらせ渓谷鉄道の列車が入って来ました。

残念ながらぐんまワンデーパスではわたらせ渓谷鉄道に乗車できないので列車を見守るだけにしました。

小山行きのJR両毛線に移動。
車窓からは岩舟駅近くにある西陽に照らされた岩船山がきれいに見えました。
小山駅に着。
到着した反対側のホームには緑とオレンジの115系電車がいました。

この色の組み合わを見ると安心します(笑)

ぐんまワンデーパスの範囲はこの小山駅までなので、ここからは青春18きっぷの旅に戻ります。
両毛線ホームから東北本線のホームへ移動。
上野方面のホームで列車待ちをしていたら、宇都宮方面に行く列車がやって来ました。

そう言えばこの車両ももうすぐここでは見られなくなっちゃうのですよね。
これからは見かけたら撮影しておくことにします。

帰りの上野行きの列車の中で栃木名物を飲みましたよ。


(Galaxy Note SC-05Dで撮影)

関東栃木イチゴ。
栃木レモンではなく今回はイチゴにしてみました。
僕の味覚にはイチゴの方が美味しく感じますねえ。
こうして夏の青春18きっぷで行くぐんまワンデーパスの旅という複雑な名前の日帰り旅行は終わりを迎えたわけです。

これにてこの夏の青春18きっぷの旅も終了となりました。
次は冬ですね。
冬らしい景色を求めてまた鈍行列車の旅に出ることにします。

夏の青春18きっぷで行くぐんまワンデーパスの旅まとめ
ぐんまワンデーパスを使って高崎から下仁田まで上信電鉄に乗車する 夏の青春18きっぷで行くぐんまワンデーパスの旅 その1
上信電鉄下仁田駅周辺を散策する 夏の青春18きっぷで行くぐんまワンデーパスの旅 その2
井戸がある上信電鉄馬庭駅を撮影する 夏の青春18きっぷで行くぐんまワンデーパスの旅 その3
さよなら、上信電鉄の銀河鉄道999号 夏の青春18きっぷで行くぐんまワンデーパスの旅 その4
赤城山麓を走る上毛電鉄を撮影する 夏の青春18きっぷで行くぐんまワンデーパスの旅 その5
上毛電鉄、両毛線、東北本線と乗り継いで旅が終わる 夏の青春18きっぷで行くぐんまワンデーパスの旅 その6←今ここ

写真はNikon D90+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録