根津神社のお祭りと千駄木のネコ 『ぎゃらりーKnulpが主催する谷根千フォトウォーク』 その5(最終回)

スポンサーリンク

9月20日。
文京区千駄木にあるぎゃらりーKnulpが主催する谷根千フォトウォークレポートの第5回目の最終回です。
これまでは日暮里、谷中と歩いてきて、今回は根津の町に入りました。
やって来たのは根津神社です。

ぎゃらりーKnulp主催 谷根千フォトウォーク 2014年9月20日

タイミングよくお祭りが開催中でした。
境内はたいへんな人混みだったので自由時間として、集合時間を決めて参加者の方々に自由に動いてもらいました。

屋台がこれだけたくさんあるとついつい目移りしてしまいます。

ぎゃらりーKnulp主催 谷根千フォトウォーク 2014年9月20日

亀がいる池の向こうにはツツジがあるのですが、この季節は緑一色ですね。

ぎゃらりーKnulp主催 谷根千フォトウォーク 2014年9月20日

Sponsored Link

神楽殿に行ってみると、ここではタイミングがとても悪く、着いた時に演奏が終わってしまいました。

ぎゃらりーKnulp主催 谷根千フォトウォーク 2014年9月20日

いい眺めがないかと乙女稲荷の方に行ってみます。
ここにはたくさんの鳥居が並ぶ場所があるのですよ。
ちょっと下からその鳥居群を眺めてみます。

ぎゃらりーKnulp主催 谷根千フォトウォーク 2014年9月20日

背の低い鳥居をくぐり抜けていくと、その先に乙女稲荷があります。

ぎゃらりーKnulp主催 谷根千フォトウォーク 2014年9月20日

こちらでちょっとお参りして、最後に池に映る鳥居をパチリ。

ぎゃらりーKnulp主催 谷根千フォトウォーク 2014年9月20日

集合時間となったところで根津神社を離脱。
今度は根津から千駄木に入って行きました。
千駄木で見ておきたかったのは千駄木ふれあいの杜とその脇にある階段です。
そこにたどり着いてみると、ネコ発見。

ぎゃらりーKnulp主催 谷根千フォトウォーク 2014年9月20日

このネコが塀の方向に歩いて行ってジャンプする素振りを見せたのですかせず縦位置に変更。
予想通りジャンプしてくれました。

ぎゃらりーKnulp主催 谷根千フォトウォーク 2014年9月20日

その塀の上でお澄ましポーズをしたところもパチリ。

ぎゃらりーKnulp主催 谷根千フォトウォーク 2014年9月20日

ネコ撮影会の後はこの階段を上って千駄木のお屋敷街へ。

ぎゃらりーKnulp主催 谷根千フォトウォーク 2014年9月20日

ぶらぶらと歩いて、別の階段を下りて、よみせ通り商店街へと入っていきました。
ここを抜けていくと今回のイベントを主催したぎゃらりーKnulpがあるのです。
今回のフォトウォークのゴール地点がここになります。

ギャラリーに入って、最後に参加者の皆さんが撮影した写真をテレビの大画面に映して見せるというイベントもありました。

ぎゃらりーKnulp主催 谷根千フォトウォーク 2014年9月20日

同じ場所を歩いてきたのに、「こんな場所あったっけ?」というような写真もあるのがフォトウォークの醍醐味です。
それぞれ異なる視点を持っていて、面白い写真がたくさんあったのがよかったですよ。

というわけで、ぎゃらりーKnulpが主催する第1回フォトウォークはこれにて終了です。
きっと第2回フォトウォークも開催されると思いますので、その際は興味がある方はぜひ参加してみてください。
ぎゃらりーKnulpでは公募展などの写真展も頻繁に開催されているのでそちらも要チェックです。
詳細はこちらから。
ぎゃらりーKnulp

ぎゃらりーKnulpが主催する谷根千フォトウォークまとめ
曼珠沙華(彼岸花)が咲き誇る諏方神社境内の風景 『ぎゃらりーKnulpが主催する谷根千フォトウォーク』 その1
六阿弥陀道から夕やけだんだんへかけての花がいっぱいの道 『ぎゃらりーKnulpが主催する谷根千フォトウォーク』 その2
ネコが現れて、大撮影大会が始まる 『ぎゃらりーKnulpが主催する谷根千フォトウォーク』 その3
谷中のシンボルであるヒマラヤスギから大名時計博物館へ 『ぎゃらりーKnulpが主催する谷根千フォトウォーク』 その4
根津神社のお祭りと千駄木のネコ 『ぎゃらりーKnulpが主催する谷根千フォトウォーク』 その5(最終回)←今ここ

写真はNikon D7000+Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8G及びSIGMA 単焦点マクロレンズ MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM ニコン用 フルサイズ対応で撮影し、SILKYPIX Developer Studio Pro6で現像しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録