想像以上に幻想的な地下空間が広がる大谷資料館は現実世界を忘れさせるような場所だった 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その3

スポンサーリンク

8月7日。
涼を求めて、青春18きっぷを使って栃木県の宇都宮にやって来ました。
まず最初の目的地は大谷資料館です。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

大谷資料館は大谷石の地下採石場を見学可能にした場所です。
予想以上に広い空間が地下に広がっていたのでびっくりしました。
そんな地下の様子はまるで地下神殿です。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

ひとつ注意点があります。
この大谷資料館内では三脚、一脚、自撮り棒を使った撮影は禁止されています。
撮影するにはカメラを手持ちで頑張らなくてはいけません。
それでは地下空間をどんどん紹介していきましょう。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

Sponsored Link

館内はライトアップされているので、歩行が困難になるほどではありません。
安全に歩くことができます。
このライトアップは何だか怪しげな影ができていますね。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

何の影かと思ったら、アート作品でした。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

ここではこんな感じの作品展示も行われています。

地下空間はジメジメしているというほどではありませんが、地面は濡れています。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

そこに光があたって、さらに怪しげな雰囲気が作られます。
ライトアップはアート作品だけでなく、普通の壁にもされています。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

右下に写っている子供はマントみたいなものを着用していますが、これは無料で貸出されているブランケットです。
何と言ってもこの日の地下の気温は11度ですので、防寒対策が必要な人もいるでしょうね。
僕はテンションが上がっていたからなのか、全く寒さは感じませんでした。

地下の天井はところどころこのように穴が開いていて外光が入るようになっています。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

通気口であるとともに、位置の把握という意味合いもあるのでしょうかね。

こちらは舞台のようになっていました。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

ここでコンサートが開催されることもあるとガイドらしき人が話しているのが聞こえました。

どんどん進んでいきましょう。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

どこをとっても映画のセットのように見えるので、実際に様々な作品でここがロケ地になっているようです。
こちらではそんな作品紹介が行われていました。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」でもロケ地となったようですよ。
撮影実績 – 大谷資料館

こちらからも外光が入ってきていますね。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

霧が発生していて、そこに光が当たることで幻想的な光景になっていました。
右側の写真展示されているところは決して日常ではないのだけれども、左側の穴と比べるとすごく日常に見えるのが不思議です。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

さらに奥に進んでみます。
ここが一般見学することができる一番奥ですかね。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

他のところに比べると地味ではあるのですが、静かで不気味な感じがしました。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

最後に出口に向かって歩いて行くと、石の切り出しで使われていた機械の展示もされていました。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

これで真っ直ぐに石を切っていたのだそうですよ。
こんな感じであまりにも楽しい館内散策が終了となりました。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

想像していた以上に雰囲気がある空間で、何時間でも撮影していたくなる場所でした(許可のない2時間以上の撮影はNGだそうです)。
この夏、涼しさを求めて出かける場所として、この大谷資料館はなかなかいいと思いますよ。

次回は大谷資料館の近くにある大谷観音を紹介します。
続く。

大谷資料館についての詳細はこちらからどうぞ。
大谷資料館 – 大谷石の歴史と巨大地下空間

場所はここらへんです。

夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編
宇都宮駅からバスで大谷資料館に行くには大谷観光一日乗車券がお得だった話 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その1
真夏でも気温11度の広大な地下空間へ!宇都宮の大谷資料館 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その2
想像以上に幻想的な地下空間が広がる大谷資料館は現実世界を忘れさせるような場所だった 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その3←今ここ
岩壁に彫られた日本最古の石仏である大谷観音を参拝する 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その4
宇都宮餃子館で焼き、揚げ、スープの3種類の餃子を堪能する 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その5
坂道、水路、井戸ポンプがある鹿沼の路地裏を歩いてみる 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その6
栃木県の鹿沼にあるレトロカフェ 日光珈琲の饗茶庵で日光の氷を使ったかき氷を食べてみた 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その7
栃木県の鹿沼にある日光珈琲朱雀というカフェに再訪して、アイスコーヒーを飲みながら井戸ポンプを眺めてみた 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その8(最終回)

撮影機材は以下のものです。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D610
Nikon デジタル一眼レフカメラ D610

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED フルサイズ対応
Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED フルサイズ対応

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録