岩壁に彫られた日本最古の石仏である大谷観音を参拝する 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その4

スポンサーリンク

8月7日。
涼を求めて、青春18きっぷを使って栃木県の宇都宮にやって来ました。
まず最初の目的地は大谷資料館でした。
次はその大谷資料館から徒歩数分のところにある大谷観音を目指します。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

平安時代の日本最古の石仏である大谷観音がこちらにあるそうです。
拝観料300円を支払って中に入ってみます。
巨大な岩山の下と言うか中にお堂がありますね。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

この中に大谷観音があるわけですが、その前に、境内の様子も見てみましょう。
小さな仏様がたくさんいます。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

Sponsored Link

これらも大谷石で作られたものなのでしょうね。
それではお堂に入ってみましょう。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

観世音菩薩の菩薩の文字が消えてしまっているのですかね。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

お堂の中に入りましたが、中は撮影禁止です。
そこには神々しいまでの大谷観音がいらっしゃいます。
お堂の後ろのあった岩壁に直接彫られているのですよ。
大谷に来たならば、こちらも必見です。

お堂以外にも見るところはありますよ。
こちらは鐘撞堂。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

その横には宝物館があります。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

中には縄文最古の人骨が収蔵されています。
宝物館の横にある池には弁天様もいますよ。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

大谷観音を出て、左にちょっと行くとこのような切り通しがあります。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

この先には平和観音が立っています。

夏の青春18きっぷの旅 栃木編 2015年8月7日

大谷観音は繊細でしたが、こちらはダイナミックですね。

さて、これで大谷での観光を終えて、宇都宮に戻ることにします。
次回は宇都宮でのお昼ごはんのお話です。
もちろん餃子ですよ。
続く。

今回訪れた大谷観音の場所はここらへんです。

夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編
宇都宮駅からバスで大谷資料館に行くには大谷観光一日乗車券がお得だった話 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その1
真夏でも気温11度の広大な地下空間へ!宇都宮の大谷資料館 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その2
想像以上に幻想的な地下空間が広がる大谷資料館は現実世界を忘れさせるような場所だった 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その3
岩壁に彫られた日本最古の石仏である大谷観音を参拝する 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その4←今ここ
宇都宮餃子館で焼き、揚げ、スープの3種類の餃子を堪能する 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その5
坂道、水路、井戸ポンプがある鹿沼の路地裏を歩いてみる 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その6
栃木県の鹿沼にあるレトロカフェ 日光珈琲の饗茶庵で日光の氷を使ったかき氷を食べてみた 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その7
栃木県の鹿沼にある日光珈琲朱雀というカフェに再訪して、アイスコーヒーを飲みながら井戸ポンプを眺めてみた 『夏の青春18きっぷの旅2015 栃木編』 その8(最終回)

撮影機材は以下のものです。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D610
Nikon デジタル一眼レフカメラ D610

Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR フルサイズ対応
Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR フルサイズ対応

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録